ひとり親家庭がお役に立つ手続きや補助! 子供におすすめの習い事

子供のその癖はチック症かも!?チック症の症状、原因と対策

怪我/病気

シングルファザーでチャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーのてっちゃんです。資格を活かして、子育てやシングルパパの方の役に立つ情報を発信しています。今回は【子供のその癖はチック症かも!?チック症の症状、原因と対策】をお話いたします。

スポンサーリンク

子供のその癖はチック症かも!?チック症の症状、原因と対策

僕の息子もチック症の症状があるので、このチック症について今回はお話して行きたいと思います。

チック症とは、自分の意思とは無関係に 、くり返し体の一部を動かしたり、声を発したりする癖のようなもので、成長過程の子供にチック症と見られる症状が多く見られます。

主に、4歳から10歳頃にかけて症状が現れやすいと言われています。また、チック症は男児に多く、その男女比の割合は3:1となっています。

チック症の症状が現れてから、ほとんどの場合は1年以内に症状はなくなると言われていますが、慢性化する場合もあります。

僕の息子は、しかめ面をする癖があり、チック症が発症してから1年半が経っていますが、発症当初に比べれば、凄くマシにはなってきます。

チック症の様々な症状

チック症と一言で言っても、個人差が激しく症状が様々で異なります。大きく分けると、「運動性のチック症」と「音声チック症」の2通りがありますが、その中でも症状は多義に渡ります。

<運動性チック症>
・目をパチパチする
・首を振る
・顔をしかめる
・口を尖らせる
・口の周りを舐める
・他人の体や物を触る
<音声チック症>
・鼻をならす
・舌をならす
・咳払いをする
・ため息をつく
・卑猥や汚い言葉を言う
・自分の言った言葉を繰り返す
など、様々な症状があります。※上記の症状は一例です。
上項でもお伝えいたしましたが、僕の息子は「運動性チック症」の【顔をしかめる】です。
この様な症状が単発的であると、親や周りはチック症であると言う事に気付かず、「その癖をやめなさい」と指摘してしまう事が多いのですが、指摘をしてしまうと、症状を抑えようと強く意識をしてしまい余計に症状が強く出てしまう可能性があるので、注意が必要です。

スポンサーリンク


チック症が重症化する場合もある

チック症の発症率は実は物凄く高くて、10人に1〜2人ぐらいの確率で発症しています。また、軽度のチックであれば、生活に大きな支障が出る訳でもなく、親や周りもちょっとした癖と思ってしまい、チックである事に気付かない事もあります。

また、軽度のチックであれば障害とは診断されず、治療を行う事なく普段通りの生活の中で、治癒を目指していきます。これは冒頭にもお伝えした通り、ほとんどの場合は1年以内に症状はなくなると言われているからです。

チックは10人に1〜2人の子供がかかるほど発症率の高い症状です。そのため、生活に大きな支障をきたさないチックは、一般的に「障害」とは診断されず、治療の対象になることはほとんどありません。

症状が4週間〜12カ月続くときは「一過性チック障害」と言われ、上記にも記載している軽度のチックになりますが、1年以上、チック症が毎日続くときは「慢性チック障害」と診断されます。

さらに重症化して、多種類の運動性チックとひとつ以上の音声チックが頻繁に生じ、1年以上続く場合には「トゥレット症候群」と呼びます。

トゥレット症候群は、稀に強迫性障害や、注意欠陥多動性障害(ADHD)を併発する事もあります。

▼強迫性障害についてはこちらもご覧ください。

強迫性障害の原因と症状、改善方法は!?
強迫性障害とは、頭の中で不快や不安なイメージが繰り返し繰り返し浮かんできたり、同じ行動を何度もくり返ししてしまうの病気です。 強迫性障害の原因は?また症状や治療法についてもご紹介いたします。

▼注意欠陥多動性障害(ADHD)についてはこちらもご覧ください。

発達障害(ADHD)の特性を持つ子どもたちの特徴!
発達障害(ADHD)は日本でネイティブにとらわれる事が多いですが、欧米諸国では発達障害の研究や診察が進んでいて、日本とは違って天才型の子供として解釈されています。

チック症の原因とは

チック症の根本的な原因はまだ解明されていないというのが現状の様です。

また、以前は、家庭環境や親の対応、学校生活のストレスが原因とされていましたが、近年の研究によると、脳内の運動機能に大きく関わっていて、大脳が発達していく段階での神経伝達の発達の問題が原因ではないかとされています。

しかしながら、不安や緊張、興奮、疲労などが誘因となりやすいとも言われています。強いストレスによっては症状が悪化する事も見受けられるために、環境的な物が要因になっている可能性もあると言われています。

また、チック症の発症は日常生活の中で突然に発症する時もあると言います。例えば、結膜炎で目をかき過ぎた事がキッカケで、目をパチパチするチック症になってしまったと言う例もあります 。

そのため、一概にチック症になったから、ストレスが溜まっている、子育ての中で何かあると言うのは決めれないため、お子さんの日々の生活の中で、起こりうる原因があるかもしれません。その原因が分かれば、改善する糸口となるかもしれません。

上記にも記載していますが、以前は、チック症は、ストレスや、家庭環境、子育ての仕方で、子供に精神的に負担が掛かりチック症が発症すると考えられていたので、チック症の症状が見られるお子さんをお持ちの親は、自分の育て方が悪いのか?それとも家庭環境が子供にとって負担をかけているのか?と不安を抱いている方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。

確かに、はっきりとした原因の解明はされていませんが、現在の医学では心理的葛藤で発生する考え方は主流ではなくなりました。

僕の息子もチック症で、母親と離れ、現在も父子家庭の中で生活をしているので、その環境の生でチック症を発症しているのかと思っていましたが、チック症は改善されてきています。

その経験からして、僕も心理的葛藤で発生すると言う考えはなくなりました。

チック症の治療は?

チック症の症状が見受けられる時は、子供に対して「その癖やめなさい」と指摘することだけはやめてください。その癖に対して注意を向けると子供は意識しすぎるあまりに症状が悪化するため、気にしないことが何よりも大事です

子供に緊張と不安を与えずに、のびのびとした生活をさせてあげて、早寝早起きと軽い運動、バランスの良い食事をする事で、大半の方が成長と共にチック症の症状は改善していきます。。

長引くとき、または、トゥレット症候群と思われる複数のチック症状がある場合は、小児専門外来など専門医の受診をおすすめします。

【ブログ運営者】


シングルファザーのてっちゃんです。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーの資格保有で、子育ての事、シングルファザーならではのお悩みを解決できるようなブログを発信していきます。

男性雑誌のoceans web版 でシングルオトーチャンの生活白書連載コラムを執筆(2020年4月27日スタート)シングルオトーチャンの生活白書

健康や美容に関するブログは以下リンクで情報発信しています。NIRAIKANAI
SNSではリンパケアの背術写真などを載せていますので、よろしければ覗きに来てくださいね。
Instagram : @niraikanai_lymph

twitter : @Niraika43878728

詳しいプロフィールはこちち

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

 

怪我/病気
スポンサーリンク
shinpapaをフォローする
シングルファザーてっちゃんの子育てお悩み解決ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました