ひとり親家庭がお役に立つ手続きや補助! 子供におすすめの習い事

離婚準備の手続きに必要なモノと書類まとめ。

離婚/裁判

シングルファザーでチャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーのてっちゃんです。資格を活かして、子育てやシングルパパの方の役に立つ情報を発信しています。今回は【離婚準備の手続きに必要なモノと書類まとめ。。をお話いたします。

スポンサーリンク

離婚準備の手続きに必要なモノと書類まとめ。

いざ「離婚」という事実を目の当たりにすると、どこから手を付ければ良いのか「行動すべき」ことが分からず、パニックを起こすことがあります。

本記事では、ケース別に「どういった具合に離婚を進めれば」良いのか、これからすべき段階についてまとめてみたいと思います。また離婚に関して、どの様な心構えや準備が必要なのか、トータルで解説していきます。

ほとんどの場合、離婚は相手から話を切り出された場合と、自分から離婚を切り出す場合、そして相手のDVやモラハラが原因で離別するケースがあります。

しかしいずれの方法であっても、共通して用意して欲しいのが「離婚を決意するまでに至る証拠」になります。

例えば相手の浮気や不倫が原因でこれから離婚訴訟を起こされる方は、浮気の証拠などを集めてから、裁判や調停にトライしてください(※ 手続きに関しては、弁護士に相談されると賢明でしょう)。

また、性格の不一致を盾に争うケースでも「相手との生活が破たんしていること」が証拠として必要です。

では、ここからは、離婚準備の手続きに絶対必要なモノと書類をご紹介します。

離婚準備の手続きに絶対必要なモノと書類を紹介

離婚手続き

離婚手続きを進める上で、必要なモノと書類を纏めてみました。

・離婚届
・転入届や転居届
・国民年金、保険の名義変更に必要な書類
・印鑑登録
・離婚協議書

「離婚届」だけに限らず離婚に求められる書類があります。ひとつの例として、離婚で住所が変わる時には、新たな形で「転入届」や「転居届」を提示することが不可欠です。また、離婚で財産を分与する場合は国民年金の手続きを欠かすことが出来ませんし、病気や怪我に備えて、新たな形で健康保険に加入(または変更)手続きを実施する必要があります。

そして社会生活を送る上で絶対必要な「印鑑登録」も忘れないようにしましょう。実際のところ、夫が印鑑登録を行っていても、妻の場合印鑑登録をしていないケースはたくさんあります。印鑑登録が無いならば、不動産の売買契約や遺産分割協議などが不可能になります。離婚前にも(できるだけ早くに)印鑑登録の手続きを完了させておいてください。

このほか、不動産を夫婦の共同名義にしている時には、名義をチェンジするのに「名義変更登記」を行うほか、離婚協議書を作り上げ、夫婦の財産をはっきりさせる必要があります。なお「離婚協議書の作成」については、法的拘束力のことも判断基準として離婚弁護士立ち会いのもと作ることです。

スポンサーリンク



離婚原因で最も多いのは性格の不一致

性格の不一致、男女の別れ

離婚の原因として最もよく見掛けるのが『性格の不一致』です。どういうことかと言うと金銭感覚のズレや異性関係(浮気や不倫)、家事育児の考え方・子どもとの関与のし方、親族(嫁姑関係)問題など原因はいろいろあるのです。

夫婦の性格が合えば究極に幸せなことですが、夫婦の性格があり得ないくらい違いすぎる場合、婚姻生活を続けるのは困難になるはずです。

相手と揉めずに離婚をする方法

相手と揉めずに離婚をするには「協議離婚」で離婚を滞りなく終わらせることです。両者の話し合いだけで離婚がまとまれば、調停離婚や裁判離婚で泥仕合をするニーズが消失します。

離婚の話し合いが長引けば、その割合に応じて精神的ストレスは大きくなっていき、調停離婚や離婚裁判を行なった場合には「金銭的負担」も大きくなっていきます。

また子どもがいる場合には、親権者や養育費の問題をまとめ上げるのに「時間とお金」のどちらともが必要になります。こういった問題を回避するには、これからお知らせするポイントに沿って離婚準備を推し進めることです。

円満な離婚に必要な3つのポイント

・離婚準備を完全なものにする
・離婚に必要な手続きや流れをわかっておく
・法的問題を解決するため離婚弁護士に相談する

この中でも際立って重要なのは「離婚準備を万全にする」ということなんです。離婚準備が寸分のすきもないら、離婚手続きの期間も圧倒的に短縮できます。

また離婚準備を内容の濃いものにするためには、離婚に必要な続きや流れを認識しておくようにします。そして調停離婚や離婚裁判が起きた場合に備え、早い段階で『離婚弁護士』を味方につけるようにすれば安心できます。

離婚弁護士に離婚の状況を説明・相談しておけば、相手に慰謝料を請求したり、子どもの親権問題や養育費の問題をクリアにでき、早い段階で問題解決の足掛かりが見つかります。

相手の浮気や不倫が原因で離婚する場合も、離婚弁護士に相談し「これからの生活に必要な慰謝料」をかしこく請求できるよう一連の流れを進めましょう。

子どもがいる場合はどう離婚準備をする?

子どもがいる場合の離婚

子どもがいる場合の離婚ですが、子どもの親権や慰謝料の問題だけでなく、子どもの意思を大切にし、これから先の生活について考えることが大切だと考えます。

離婚後の子どもの親権や戸籍の問題をクリアにする

子どもの親権や養育費、面会の条件なども弁護士を交え公正証書などに残しておくと安心です。そして離婚後、子どもが安心して生活していけるよう、子どもの戸籍や財産の問題も「離婚前」にはっきりさせておくことです。

際立って養育費の問題は後々トラブルになりやすく、途中で養育費が中断するなど「離婚時の約束と違う」ことが起こることがあります。

こういった事態に備え、子どもが成人するまでに養育費をどれくらい支払うのか(親権者の場合はどれくらい受け取るのか)はっきりさせておくようにしてください。

なお、養育費は子どもの年齢や人数、親権者と非親権者の収入に応じて変わります。

▼下記の記事もオススメです

夫婦間で離婚の合意が出来ない場合は離婚調停
離婚したくても離婚が出来ない。夫婦間で協議しても離婚が出来ない場合は離婚調停を利用する事も考えましょう。離婚調停をした経験も踏まえて離婚調停の流れをご紹介いたします。
離婚裁判になった時は心して挑め!
離婚裁判は離婚調停と同じように考えて行けません。この離婚裁判が始まってしまえば、もし貴方が離婚したくないと思っていても、裁判官が離婚を認める判決を言い渡されれば、強制的に離婚になってしまいます。そして大切な、子供の親権、財産等の事も強制的に決められてしまいます。大切なモノを守るために、全力で挑んで欲しいと思います。
養育費はいくら支払う?非監護者が支払う養育費の相場!
未成年の子供がいる夫婦が離婚した場合、親権者ではない親は、養育費を支払う義務があります。養育費を支払う側も、養育費を受け取る側も、しっかりと理解して、大切な子供と育てるあなた自身も、負担が増える事のないようにしていただきたいと思います。養育費を支払う方も、養育費は支払う義務があるので、子供のために必ず支払いましょう。
父親が親権を得るには!?親権争いは根底から父親が不利!
日本の親権争いは、父親が不利で母親が有利と言われています。日本は先進国ですが、子育て等の事になると、他の国よりかなり遅れています。父親が親権を取る為に少しでも有利なるポイントをご紹介いたします。
子供が配偶者に連れ去られたら、子の引き渡し審判
離婚を考えている夫婦間で起る事の一つとして、子供の連れ去りがあります。正当な理由なき子供の連れ去りは、親であっても違法行為となります。子供を連れ去られた親も、自力救済する事は法的にNGとなっているので、子供を連れ戻すには法的な手続きを行いましょう。
別居または離婚後の子供との面会交流の実施について
別居また離婚後の面会交流は、暴力等の重大な問題がない限り、積極的に実施しなければなりません。これは権利でもありますので、私的感情に流されず、子供の福祉のためにも、面会交流を積極的に行ってください。
子供の福祉について考える!
子供の福祉については、一口では言えないぐらい難しい定義です。子供にとって子供の福祉はとても重要なものであります。子供にとって最善の環境を考えて欲しいと思います。
父親が親権争い!過酷な道を進む覚悟が必要!【体験談 Part1】
父親が親権争いをする時、まずは不利な状況前提で争うことになります。 調停期日、一つ一つが大事な真剣勝負になってきます。負けられない争いに挑んだ僕の実話の心境をお伝えいたします。
★活動の支援をお願い申し上げます。★

コロナの影響でブログ運営やカウンセラー業務に影響が出ています。少しでも皆様のお力になれる様にさせていただくため、お買い物支援をしていただけてば幸いです。どうかよろしくお願い申し上げます。



【ブログ運営者】


シングルファザーのてっちゃんです。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーの資格保有で、子育ての事、シングルファザーならではのお悩みを解決できるようなブログを発信していきます。

男性雑誌のoceans web版 でシングルオトーチャンの生活白書連載コラムを執筆(2020年4月27日スタート)シングルオトーチャンの生活白書

健康や美容に関するブログは以下リンクで情報発信しています。NIRAIKANAI
SNSではリンパケアの背術写真などを載せていますので、よろしければ覗きに来てくださいね。
Instagram : @niraikanai_lymph

twitter : @Niraika43878728

詳しいプロフィールはこちち

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

 

離婚/裁判
スポンサーリンク
shinpapaをフォローする
シングルファザーてっちゃんの子育てお悩み解決ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました