ひとり親家庭がお役に立つ手続きや補助! 子供におすすめの習い事

シングルマザーの仕事探しのポイントまとめ。

シングルマザー

シングルファザーでチャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーのてっちゃんです。資格を活かして、子育てやシングルパパの方の役に立つ情報を発信しています。今回は【シングルマザーの仕事探しのポイントまとめ。】をお話いたします。

スポンサーリンク

シングルマザーの仕事探しのポイントまとめ。

シングルマザーになったケースでは、なにより仕事と子育ての両立について考え出す女性がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?子供が幼ければ幼いほど易しいことではありませんが、それでも生活や将来のために稼動しなくてはならない状態だと思います。

そこで今回に関しては、シングルマザーの仕事探しの方法やコツ、母子家庭でも勤務し易いおすすめの職業や資格についてご案内させていただきます。

母子家庭の収入は?

総務省が平成26年に行った調査によると、母子家庭の1ヶ月においての平均収入は約22万円、その部分から税金や保険料をマイナスした可処分所得は約19万円となっています

一方で、1ヶ月間の生活費は約19万円だとされており、詳細を見ると、1ヶ月あたり944円の赤字になってしまうそうです。

赤字から脱する方法の一つとして、よりよい条件の仕事を見つけることがあげられます。ここで以降では、シングルマザーの女性の仕事探しについて詳細を見ていきましょう。

シングルマザー・母子家庭の仕事探しのポイントは?

シングルマザーの女性が仕事探しを行うときは、以下でお知らせするポイントを留意しましょう。

状況にフィットした働き方を選択する

今日の子育て状況を考えたときに、収入と時間のいずれを重視するかで働き方が変わります。どっちも優先したいことではありますが、周辺のサポートや家庭の事情、収入アップが期待できるかなどを考えましょう。

なお、正社員(正規雇用)とパート・アルバイトといった様な非正規雇用では、各々次にあげるようなメリットとデメリットがあります。自分自身が求める働き方にあった雇用形態をセレクトしてくださいね。

正規雇用のメリット・デメリット

正社員に於いては、雇用保険や健康保険など各種保険関係が整備されていることや、雇用が保証され、それなりの安定した収入が期待できることがメリットになります。

しかし、責任が重い仕事も増えてくるので、長時間勤務となりがちで、仕事以外の時間があまり思い通りに使えないことがデメリットです。

非正規雇用のメリット・デメリット

パートやアルバイトなどの非正規雇用でも、各種保険関係は対象になることがあります。勤務時間をおのおのセレクトすることができることも多く、子供との時間を優先できるのがメリットです。

しかし、雇用期間は採用先によってバラバラで、収入も勤務日数や時間によって一定ではないというデメリットがあります。その為に、いくつもの仕事を兼任している女性も少なくありません。

子供が幼いケースでは、単発的に非正規雇用をセレクトして育児の時間にウェートを置き、子供が成長したときに正社員になる女性もいます。

必要な収入を確認する

開始するにあたり毎月・毎日の支出、将来の貯蓄額を弾き出しておきましょう。今後、どのタイミングで、どの位のお金が必要になるか理解しておくことで、希望の収入の目安がわかってきます。最少でも次にあげる項目は弾き出しておきたいですね。

毎月・毎日の支出

・住居費
・食費
・水道光熱費
・通信費
・生活雑貨費
・教育費

将来のための貯蓄

・保険関係に必要な額
・学費
・老後のために必要な資金
・臨時支出に備えた資金

仕事と育児の両立体制を整備する

仕事探しのポイントとなるところとして、仕事と育児の両立体制を開始するにあたり整えておくことも大事です。

シングルマザーや母子家庭の女性にとって、仕事と育児の両立がハードルが高すぎることを企業もある程度分かっています。これを受け、入社後の働き方を心配する割合が高いようです。

そこで、入社後の働き方をイメージしてもらいやすいように、求人に応募する時点で、提出書類などの中で次にあげる内容に言及しておくといいかもしれません。

・非常時に親族や知人に育児を依頼することができる
・両親と同居しているので、日中の育児や保育園・幼稚園の送迎は委ねられる
・保育園や学童の預け時間が○~○時までなので、○時に帰宅できればよい
・子供はいるが、中学生、あるいは高校生なので、勤務時間はある程度融通がきく
・エリア内のファミリーサポート制度や病児保育、公的なサポートを活用している
・子供は幼いが病児保育なども想定している

スポンサーリンク



シングルマザー・母子家庭の仕事でおすすめの資格は?

母子家庭で子供を育てる女性に合った資格や職業は、先ほどのとおり何を重要視するかによって異なります。例えば、時間や収入面から見て評判の高い資格・職業、将来的に有利だと考えられる資格・職業を以下でご案内させていただきます。

シングルマザーに人気の高い資格・職業

医療事務は、残業や休日の出勤など、不確かな勤務が少ないことや、時間の融通がききやすい為に人気を得ています。育児中の女性が多いのも勤務し易い理由の一つでしょう。収入は、正社員で月20万円前後が目安ですが、パートに於いては時給1000円前後のようです。

通信講座などで3~6ヶ月の短期間かつ、3~5万円の低費用で資格取得ができることも醍醐味の一つです。資格がなくても勤めることができますが、資格を所有していた方が求人数が多かったり、希望が通りやすくなったりします。

仕事内容は医療費の点数計算(レセプト)や、受付、カルテの準備や管理などが挙げられます。

調剤事務(調剤事務管理士)

調剤事務は、勤務時間や日数が調節しやすいこと、家の近所のドラッグストアなどに勤務出来ることなどから、子育て中のママに人気を博しているようです。薬のことに詳しくなるので、日常でも有益であるというメリットもあります。

平均収入は月18万円前後、資格取得費用は2~8万円が平均値のようです。仕事は、調剤報酬請求事務(レセプト作成)を主として、お薬手帳の受領・受付などの問診票への記入依頼など、事務作業全般を担います。

調剤事務には資格が必須というものではありませんが、資格を保持していると就職に有利になることが期待出来ます。

将来的に有利な資格・職業

ケアマネジャー

将来性を考えてケアマネジャーを目指しているシングルマザーや母子家庭の女性は多いとのことです。

ケアマネジャーの資格を獲得するには、介護福祉士や社会福祉士などの国家資格を保有するか、生活相談員などの相談実務を5年以上経験していることが求められるため、取得までにはそれなりの時間が掛かるでしょう。

その分だけ、社会的なニーズが多く、介護や福祉、保険などの分野での転職や再就職が有利になるとされています。仕事内容は、高齢者本人と当該の家族が望む介護を把握し、介護サービス計画(ケアプラン)の策定と、実施のサポートをすることです。

営業職・サービス業

営業職やサービス業は、経験がない状態でも応募できる求人があることや、ブランクがありましても続けやすいこと、正社員としての登用の可能性が高いことなどから、将来に向けて有利になる職業といえるかもしれません。

原則的には資格は不要ですが、保険外交員など、職種によっては資格がどうしても必要になることもあります。

なお、保険外交員は、求人もいっぱいあるうえに福利厚生もしっかりしている企業が多く、女性が勤務し易い環境だとされています。スキルアップや自身の努力次第では収入アップも見込め、資金面でのメリットも大きいようです。

 

シングルマザー・母子家庭の仕事の見つけ方は?

母子家庭で育児をする女性の仕事探しは、期待している職種やこれまでのキャリアによっても異なってきます。以下で、シングルマザー向けに仕事の探し方をご案内させていただきます。

求人サイトで探す

企業の求人広告を掲載しているタイプと、エージェントに登録するタイプが存在します。今までの経験からあなた自身が探せるケースでは、希望条件を絞り込んで広告から探す方が早いという人もいます。

しかし、未経験の職種に於いては、エージェントに登録して企業との間に入ってもらい、条件交渉などをしてもらう方が有益というケースもあるようです。エージェントは広告には出ない非公開の求人をピックアップしてくれたり、働き方や転職の相談を受けてくれたりというメリットもあります。

希望する条件が多くて悩む人は、良いアドバイスがもらえる可能性も考えられます。

マザーズハローワーク、マザーズコーナーで探す

ママやシングルマザーに対して職業紹介をするサービスとして、「マザーズハローワーク」や「マザーズコーナー」が各自治体にあります。

職業訓練の受講斡旋や、就職支援ナビゲーターによるプロフェショナルな支援、託児付きのセミナーも行っているので、子供連れでも情報収集しやすくなっています。

スポンサーリンク



シングルマザーからすれば仕事は大切

母子家庭という環境で、新たな形で仕事を探したり、資格を取ったりすることは易しいことではないかもしれません。しかし、生活を安定させるための手法の一つです。

将来的な目途や、優先すべきことなどをきちんと整理整頓しておくことで、希望通りの仕事が見つけやすくなるでしょう。

また国も、母子家庭などのひとり親家庭のサポートをしています。子供の成長によって環境も変わっていくので、公のサポートなども活用しながら、その折でベストな方法を探すことが重要です。

【ブログ運営者】


シングルファザーのてっちゃんです。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーの資格保有で、子育ての事、シングルファザーならではのお悩みを解決できるようなブログを発信していきます。

男性雑誌のoceans web版 でシングルオトーチャンの生活白書連載コラムを執筆(2020年4月27日スタート)シングルオトーチャンの生活白書

健康や美容に関するブログは以下リンクで情報発信しています。NIRAIKANAI
SNSではリンパケアの背術写真などを載せていますので、よろしければ覗きに来てくださいね。
Instagram : @niraikanai_lymph

twitter : @Niraika43878728

詳しいプロフィールはこちち

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

 

シングルマザー
スポンサーリンク
shinpapaをフォローする
シングルファザーてっちゃんの子育てお悩み解決ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました