ひとり親家庭がお役に立つ手続きや補助! 子供におすすめの習い事

シングルマザーの生活費の平均は?シングルマザーの支援制度を活用しましょう。

シングルマザー

シングルファザーでチャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーのてっちゃんです。資格を活かして、子育てやシングルパパの方の役に立つ情報を発信しています。今回は【シングルマザーの生活費の平均は?シングルマザーの支援制度を活用しましょう。】をお話いたします。

スポンサーリンク

シングルマザーの生活費の平均は?シングルマザーの支援制度を活用しましょう。

シングルマザーの生活費の平均はどれぐらいなのでしょうか?シングルマザーの支援制度には様々なものがあります。これらをうまく利用していき生活を向上させていくことが大事です。

シングルマザーとなったときに、際立って気になるのは家庭の経済状況ではないでしょうか。ここのところ、母子家庭は過去25年間(平成23年度時点)で1.5倍に増加して、約123.8万世帯あります。

就業率は80%と高いですが、平均年間就労収入は約181万円というデータから算段すると、何があっても楽な生活とは言い切れません。そこで今回については、母子家庭の生活費の平均をはじめ、生活をアシストする節約法や、自治体が行なっている母子家庭向けの割引制度についてご案内させていただきます。

ひとり親家庭が利用すべきお得な特別手当てまとめ。
ひとり親になると、お金の面で心配が絶えません。しかし、ひとり親にはお得な特別手当がたくさんあるので、漏れなく手当をもらいましょう。

シングルマザー世帯の生活費の平均は?

母子家庭の生活費(消費支出)を占有しているのは、メインとして食料、住居、光熱・水道、被服・履物ですが、これについては標準世帯を上回るほど。とりわけ持ち家率が標準世帯と対比すると低く、住居にかけるパーセンテージがアップしています。

総務省統計局が平成27年に集めた資料によると、平成16年の母子世帯(母親と18歳未満の未婚の子供の世帯)の1ヶ月の実収入は217,676円で、平均消費支出は191,309円。

実収入には、医療費などの社会保障給付や財産収入が組み込まれているため、実際的な収入はより一層低いということ。父子家庭と比較して非正規雇用の割合も高く、不安定でもあります。

そのため、家庭ごとに創意工夫して節約をしたり、日常生活にも応用できる自治体の制度を用いたりして、切り盛りしているのが現状です。

シングルマザー世帯の生活費を抑制するための節約法は?

母子家庭の生活で節約している人の多くは、原則的な生活習慣を良化していることが多いようです。

断然、光熱費は工夫次第ですぐに額面に表れるため、小まめな管理を徹底。また貯蓄や買い物の仕方を工夫して、無駄遣いを防止したり、効率的に貯めたりすることもしています。

メインとして次に挙げるような節約方法がとり行われています。

日常生活の中でできる節約に関して

・でかけるときや使用しないときはコンセントを抜く
・平常でカードを利用せず、どうしても必要な場合は1回払いで済ませる(※利息がつかないように)
・クレジットカードは1ヶ所に決定してポイントを貯める
・日用品や家電は、フリーマケット、リサイクルショップ、ネットオークションを利用する
・年金や保険料は纏めて払う
・目標額を決定して貯蓄する
・定期預金をする
・給料が入ったら項目ごとにお金を振り分けておく
・習いごとは各自治体主催のスポーツ教室や学習支援を活用する

スポンサーリンク



シングルマザーの支援制度とは?

母子家庭は、国や自治体から多種多様なサポートを受けることができます。母子家庭の生活をサポートする制度には、母子世帯の実収入に含まれるといったような医療費助成や児童扶養手当といった「頂けるお金」が見受けられますが、減免・減額・支援を狙った制度もあります。

ここでは、日常生活のサポートとなる割引制度から、生活のベースとなる住宅関連のこと、母親の就労をサポートする制度を中心としてご紹介します。

普段の生活に活用することができる制度

粗大ごみ等処理手数料の減免制度
児童扶養手当を受給している家庭に向けて、粗大ごみ等の処理にかかる手数料を減額、または免除する制度になります。実施していない地域もあるのでチェックしましょう。

上下水道料金の減免制度
水道局が窓口で、水道局により免除内容や条件がバラバラです。東京都水道局に関しましては、生活・教育・住宅・医療・介護扶助を受給、あるいは児童扶養手当、特別児童扶養手当を受給している家庭が対象です。

電車やバスの割引制度
電車や公共のバスなどの定期券・乗車券が割引になる制度です。電車はメインとしてJRが実施。バスは地域や会社によって全く違うため、各窓口でチェックしてみましょう。

保育料の免除や減額
年収360万円未満相当のひとり親世帯のケースでは、保育料が第一子から半額、第二子以降が無料に変わります。生活保護世帯や、ひとり親世帯等で市町村民税非課税世帯に関しましては第一子から無料です。

生活状況に合わせて活用できる制度

母子家庭の住宅優遇制度
公営アパートの抽選が優先されるシステムです。各自治体がマネジメントしている制度で、一般公募と比較対照すると抽選確率を優遇してもらえるもの。地域の児童福祉課、あるいは住宅供給公社募集課で詳細を聞くことができます。

母子・寡婦福祉資金貸付金制度
生活資金として、メインとして、生活・住宅・結婚・就学支援・転宅・医療介護・就職支度・終業・事業継続・事業開始・修学・技能習得の12種に対して貸付ができるシステムです。

無利子・低金利で返済期間は3~20年。子供の修学、就学支度資金の需要が高いです。

国からお金を借りられる母子寡婦福祉資金とは一体何?
国からお金が借りられる母子寡婦福祉資金とは一体何でしょうか?今回は母子寡婦福祉資金とは何かをご紹介いたします。

自立支援教育訓練給付金
雇用保険の教育訓練給付の受給資格がない、母子家庭の母親を対象としている制度です。就業に結び付く講座を受講し、修了した際に経費の20%が支給されます。

福祉事務所が窓口になりますが、実施してないエリアもあるため、開始するにあたりチェックすることが必要です。

高等技能訓練促進費
就職に実効性がある資格をとりたくても、そう簡単には学ぶ時間が確保できない母子家庭の母親を対象に、資格取得の修業期間に月額10万がバックアップされる国の制度。

メインとして、看護師・介護福祉士・保育士など、各都道府県が周辺状況に応じて定めた資格が対象です。

国民年金の免除申請
経済面の理由で国民年金が支払えなくなったときに、受給の資格損失をしないよう免除申請ができるシステムです。法的免除と申請免除の2種類があり、申し込んで認められたら資格継続となります。

免除には一部納付と全額がありますが、納付額に応じて決められた分が受け取れるため、全額納付に比べると少なくなります。

ひとり親家庭が利用すべきお得な特別手当てまとめ。
ひとり親になると、お金の面で心配が絶えません。しかし、ひとり親にはお得な特別手当がたくさんあるので、漏れなく手当をもらいましょう。

母子家庭の生活費で見直すと得をするものとは?

母子家庭になったときに見直しておくと良いのが、保険です。母子家庭で、保険まで手がまわらないという傾向も強いかもしれませんが、母親がたった一人で生活を支えつつ、家族を守る立場でもあります。無理がない範囲で、いざというときや将来のために準備することも大切です。

コツについては、医療・死亡保険を、必要最低限の保障をしてくれるものにすること。掛け捨てタイプのものだとお手頃なものが多く、セレクトしやすいです。また、子供のための学資保険は貯蓄と考え、プランを立てて積立てていくと良いでしょう。

どちらの保険にしても、生活の基礎を整理したうえで、家計に無理を感じさせない範囲で続けられるものに見直しておきましょう。

僕も自身も最近、保険の見直しをしました。シングルで自営業である故に、何かあった時の不安が多くありますので、死亡保険、高度障害、収入保険など、何かあっても子供が生活するために必要なお金を残せレルようにしました。それだけでも、不安がなくなるので楽になりますので、もしお悩みの方がいらっしゃれば、一度、ご相談する事をおすすめいたします。

また、個人ブランドの保険は大きく信頼感もありますが、保険商品に得手不得手があります。下記の保険見直しラボなどであれば、各保険会社の良い商品だけを選りすぐって、あなただけの保険を作ってくれます。少しでも安くて、今まで以上の保証が手に入るかもしれませんので、ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。



忙しいママ必見!お家で保険相談♪【保険見直しラボ】

 

母子家庭の生活費を抑制するために制度をそつなく活用しよう

母子家庭の生活費は、節約することだけではカバーできないことも出現します。子供の教育費に関しましては、とりわけお金をかけてあげたいと思うことが多く、そのために節約しているケースだってかなりあります。

国や自治体の制度では、「実際の所知らない」「後から知った」というバックアップや割引制度があります。自治体独自で行っているサービスも、地域によってはあります。

一番初めは住んでいる地域でどういう制度があるのか確認し、節約とともにうまく利用していきましょう。

ひとり親家庭が利用すべきお得な特別手当てまとめ。
ひとり親になると、お金の面で心配が絶えません。しかし、ひとり親にはお得な特別手当がたくさんあるので、漏れなく手当をもらいましょう。
離婚時にシングルマザーが使える特別控除まとめ。
ひとり親になることで、特別に控除を受けることができます。今回はシングルマザーが使える特別控除をご紹介いたします。
国からお金を借りられる母子寡婦福祉資金とは一体何?
国からお金が借りられる母子寡婦福祉資金とは一体何でしょうか?今回は母子寡婦福祉資金とは何かをご紹介いたします。
【ブログ運営者】


シングルファザーのてっちゃんです。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーの資格保有で、子育ての事、シングルファザーならではのお悩みを解決できるようなブログを発信していきます。

男性雑誌のoceans web版 でシングルオトーチャンの生活白書連載コラムを執筆(2020年4月27日スタート)シングルオトーチャンの生活白書

健康や美容に関するブログは以下リンクで情報発信しています。NIRAIKANAI
SNSではリンパケアの背術写真などを載せていますので、よろしければ覗きに来てくださいね。
Instagram : @niraikanai_lymph

twitter : @Niraika43878728

詳しいプロフィールはこちち

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

 

シングルマザー
スポンサーリンク
shinpapaをフォローする
シングルファザーてっちゃんの子育てお悩み解決ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました