ひとり親家庭がお役に立つ手続きや補助! 子供におすすめの習い事

父子家庭の悩み!シングルファザーの孤独感【実話解決案も含む】

シングルファザー

シングルファザーでチャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーのてっちゃんです。資格を活かして、子育てやシングルパパの方の役に立つ情報を発信しています。今回は【父子家庭の悩み!シングルファザーの孤独感【実話解決案も含む】】をお話いたします。

スポンサーリンク

父子家庭の悩み!シングルファザーの孤独感

年々、父親のひとり親家庭が増えてきています。その中で、シングルファザーの方は孤独感と戦っているという方が沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

幼い子供を育てる時期というものは、男性にとって仕事もバリバリで働いている時です。仕事に家事に育児に、慌ただしい日々に追われていると思います。

慌ただしい日々の中で、以前のような、友人、知人、会社の上司、同僚とご飯を行く事も、飲みに出掛ける事もなくなり、周りもシングルファザーという状況を理解してはくれてはいても、その輪に入って行けなくなってしまったりなどして、孤独感を感じて来るようになります。

また、子供の子育てに関しても、相談をする相手も中々いてなかったりと、孤独感を感じるようになります。

何よりも大切な事は子供です。子供との生活が何よりも大切で、子供と生活できれば他に何もいらないと思うぐらいに、子供は大切です。子供がいなくなった方が、絶望的に孤独感を感じますが、やはり、そうは言っても1人の人間です。それだけでは満たされない孤独感が出てきます。

シングルファザーの孤独感(実話)

僕も友人や会社関係の方々など、交友関係は広く、シングルファザーになってからも、ご飯の誘いや飲みの誘いは沢山ありましたが、毎回、子供の事で断っていました。

周りは僕の状況を理解をしてくれて、僕への誘いの連絡をしないようになりました。理解してくれた上で、誘いの連絡をしなくなったのですが、連絡が一気に減ったりするので、慌ただしい日々の中で、少し気分が落ち込んだ時とかは、物凄い孤独感を感じる事がありました。

そして、子供の子育ての悩みも最初は中々打ち明ける事も出来ず、周りに弱みを見せられないというプライドもあり、強がっている事で、余計に不安や不満が溜まりました。

近年では、SNSも誰もがやっている時代で、Twitterやinstaをひらけば、友人、知人の楽しそうにしている写真や動画がUPされていたり、SNSを見ても孤独感を感じました。

友人から、「シングルファザーってどないなん?」って逆質問をされた時に、色んな想いを打ち明けたら、数名は「俺やったら、1人で子育てとか考えられへんわ。別に子供に会わんでも良いから、絶対に嫁の方に子供渡すわ〜。遊ばれへんし、飲みにも行かれへんし最悪やん。お前は変わってるよな〜こんな子供、子供って言う男初めて見たわ」って、言われた事がありました。その事があって、その数名には2度と子供の事に関しては言わないでおこうと思いました。

もちろん、僕の状況を理解してくれる友人もいてました。その友人がいてなかったら、裁判をやり抜く事が出来なかったのではないか?と言っても過言ではないぐらいに理解してくれて支えてくれました。

このように理解があり支えてくれる友人がいても、孤独感と言うものは暫くは付き纏っていました。友人に話したら理解もしてくれるだろうし、支えてもくれるのは、僕も理解はしているのですが、ここでプライドが邪魔をしたり、ちょうど友人も自分の挑戦に向けて、とてつもなく頑張っている時だったので、自分の事で頑張っている事に対して邪魔をしたくないとか色んな思いで、こちらから相談する事は出来ずにいました。

もちろん、何よりも大切な事は子供ですし、比較対象にはならないのですが、友人、知人との付き合いがなくなる以上に、子供がいなくなる事の方が辛いです。子供と共に生活する事が何よりも大切で、子供がいない時の孤独感の方がずっと苦しいですし、子供がいれば他に何もいらないと思ったぐらいですが、子供との生活に少し慣れてきた時に、子供との楽しい生活の反面、ひとり親である事の不安や不満、周りとのコミュニケーションの激変で、孤独感は強まりました。

スポンサーリンク



孤独感から脱出する方法

100%孤独感を脱したのかと言うと、それは嘘になりますが、今では以前のように孤立感を感じる事は殆どありません。何か特別な事をした訳ではありませんが、一つ自分の中で変えた事は、プライドを捨てて開き直る事です。

ありのままの自分で良いんです。シングルファザーである事に誇りを持って、楽しい事は楽しい、辛い事は辛い、こんな悩み人に言うのは微妙かな〜?って思うような事でも、言える人はバンバン言ったら良いのです。

確かに、僕の実話の中にも出てきたように、心無い言葉を言われたりすることもありますが、子供の事に関してはもう付き合いをなくせば良いだけの話です。

自分を前面で出す事で、理解してくれる人は理解してくれるし、力にもなってくれます。そして、一人親家庭、同士の結びついたりして、お互いに協力しあえる関係性も出来たりしてきます。

自分の中に秘めている事も打ち明かす事で気持ちもスッキリしますし、理解してくれる方がいてくれるようになるだけで、気持ちも軽くなります。協力しあえる相手ができるだけで、お互いが助け合う関係にモテるようになることでお互いが楽になります。自分にとっても相手にとっても相互に良いことしかありません。

色んな想いがあり、自分をさらけ出す事に抵抗を感じる事があるかもしれませんが、自分が思っている以上に、相手は気にしていないことも多く、もっと早くさらけ出して、楽に慣れば良かった〜って思います。

今では、誰にでもバンバン自分の本音を話たり、悩みを話たりする事で、解決方法なども教わったり、お互いで話しあっていく中で、もっと良い方法を思いついたりしています。また、逆に、友人、知人がお悩み相談にきたりもして、そんな時こそ、僕が持っている資格を活かせる最大のチャンスと言わんばかりに活かしています。

自分の事や、自分の子供にも活かせよ!って思いますが、やはり人間力がまだまだ浅いので、自分の事になると冷静に、客観的に対応が出来ない所が、まだまだな所です。

シングルファザーはコミュニティから孤立する?
父子家庭は少しずつ認知されてきていますが、社会的にはまだまだ制度も理解も追いついていません。そんな中で、怖いのはコミュニティの孤立です。これは父子家庭だけではなく、母子家庭でもある事なので、中々難しい問題ではあります。

上記記事にもコミュニティのお悩みについても記載していますので、是非参考にしてみてください。

▼下記の記事もオススメです

シングルファザーはコミュニティから孤立する?
父子家庭は少しずつ認知されてきていますが、社会的にはまだまだ制度も理解も追いついていません。そんな中で、怖いのはコミュニティの孤立です。これは父子家庭だけではなく、母子家庭でもある事なので、中々難しい問題ではあります。
【シングルファーザー子育て日記】子供との幸せな生活の中で見えてくる子育ての不安!
シングルファーザーとなり子供との生活はとても楽しく幸せな日々を過ごしています。 しかしながら子育てをしていると不安というものも絶対出てきます。 これからの子供たちの為にも国や地方がどんな状況下に置かれてものびのびと子育てをしていける体制を是非とも作って欲しいと思います。
【シングルファーザー子育て日記】子供と共に成長して楽しんで生活しています。
シングルファザーですが、子供と共に楽しく日々成長しています。 僕なりの子育て論も記載していますので、ご参考にしていただければと思います。
【ブログ運営者】


シングルファザーのてっちゃんです。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーの資格保有で、子育ての事、シングルファザーならではのお悩みを解決できるようなブログを発信していきます。

男性雑誌のoceans web版 でシングルオトーチャンの生活白書連載コラムを執筆(2020年4月27日スタート)シングルオトーチャンの生活白書

健康や美容に関するブログは以下リンクで情報発信しています。NIRAIKANAI
SNSではリンパケアの背術写真などを載せていますので、よろしければ覗きに来てくださいね。
Instagram : @niraikanai_lymph

twitter : @Niraika43878728

詳しいプロフィールはこちち

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

 

シングルファザー
スポンサーリンク
shinpapaをフォローする
シングルファザーてっちゃんの子育てお悩み解決ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました