ひとり親家庭がお役に立つ手続きや補助! 子供におすすめの習い事

父子家庭で仕事と子育てを両立する方法まとめ。

シングルファザー

シングルファザーでチャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーのてっちゃんです。資格を活かして、子育てやシングルパパの方の役に立つ情報を発信しています。今回は【父子家庭で仕事と子育てを両立する方法まとめ。】をお話いたします。

スポンサーリンク

父子家庭で仕事と子育てを両立する方法まとめ。

いざ、父子家庭として日々を送っていくことが確定したら、パパは仕事と家事・育児をどのような方法で両立させていけばよいのかが分からないままで、悩む傾向が強くあります。

「子育てを重視するためにはしかたがない」と考慮して、異業種への転職を想定しているお父さんも多いのではないでしょうか? こちらの記事では、シングルファザーが家事・子育てと仕事を両立させるための方法を案内します。

父子家庭の仕事の悩み

今の世の中、ひとり親世帯も珍しくはなくなってきていますが、シングルマザー世帯ではない父子家庭ならではの仕事の悩みについては、ちょっとばかり問題が山積です。まずは、シングルファザーによく見かける仕事上の悩みを3つ紹介します。

育児休暇が取得しづらく、時短勤務がしづらい

父子家庭と母子家庭の年収を対比させれば、父子家庭のほうが百数十万円ほど多くなるという調査結果があります。しかし、母子家庭には多種多様な補助金や手当が交付されるというのに比べ、父子家庭では交付の対象外とされることがよくあります。また、父子家庭に於いては住宅ローンを抱えているケースも多く、お金の面では母子家庭と同様、あるいはそれ以上にシビアな状況にあるといえます。

収入をキープする必要からパパは長時間労働をしなければならない事が多く、子どもと過ごす時間を中々とれないことが問題です。さらに、男性の育児休暇の前例が勤め先の会社において少ない時には、制度を利用しにくいという事情も見受けられます。

悩みをまわりに相談しづらい

シングルマザーと比較するとシングルファザーのパーセンテージはかなり少なくて、ひとり親世帯の中でほんの僅か10%ぐらいにすぎないといわれています。これを受け、シングルファザーのコミュニティなどが探し出しにくく、子育てや仕事との両立に関した悩みなどを相談する相手を作ることも困難です。かと言って、ママ友コミュニティなどに男性が入ることも一筋縄で行かないため、子育てや家事に関する情報を収集しにくいといえます。

また、人に弱みをみせたくないと意地になってしまう男性もかなりいます。そういった状況では、自分の親兄弟などに対しても率直に助けを求められず、限界まで追いつめられたりすることもあり得ます。

子育てと両立しやすい仕事の特徴

父子家庭としてやっていくことになり、これからの仕事についてどんなような計画を練るのがよいか、悩んでいる方も多いでしょう。子育てとの両立をしやすい職種や職場の条件に関して、メインのものをご紹介します。

残業が少なく、激務ではない

多忙な職場に於いては突然の残業などが発生しやすいため、子育てと両立させるためには激務ではない職場を選択することが第一条件です。また、外勤よりも内勤のほうが定時で帰宅しやすいことがよくあります。

男性の子育てに理解がある

子どもが小さいうちは、昨日の夜は何ともなかったのに朝起きてみたら様子がおかしくてなっていたり、朝は元気だったのに保育園や幼稚園に登校してから急に熱を出してしまったりと、体調が安定しません。シングルファザーの場合では、そのような時には急な欠勤や遅刻、早退等を申し述べることになります。そのような事に理解がある職場が、シングルファザーが仕事と子育ての双方を両立できる望ましい環境といえるでしょう。

スポンサーリンク



子育てと仕事を両立する方法

子育てと仕事を両立させるためには、職場や職種選び以外にも方法が存在します。主な方法をご紹介します。

会社に相談して調整をしてもらう

「こちらの会社では子育てを重視した働き方はできないに決まっている」と決めてかかっていないでしょうか。諦めて転職を検討する前に一度、勤務時間や労働条件を変更してもらうことができるかどうか、会社に依頼してみましょう。転職活動にもかなりの時間と労力がかかるものです。多忙なシングルファザーならなおさら、転職しなくてすむに越したことはないでしょう。

理解のある会社に転職する

努めている会社に相談をしてみて、そうは言っても子育てと仕事を両立するための調整が困難であるというケースも少なくないでしょう。その時はシングルファザーの子育てに理解のある会社や業界へ転職をするのも手です。

子どもの行事に参加する

シングルファザーのケースでは、平日の日中は仕事をしていることが多い等の理由からエリア内のコミュニティと疎遠になっている事が多いです。また、育児の相談相手を目論んでママ友やシングルマザーのコミュニティに参加しようと思っても、女性が多い場合にはどうしても浮いた存在になってしまいやすいと言えます。

そこで、率先して参加したいのが、子どもの学校行事や地域の催しです。それなら「母親だけが参加する場」みたいな感じもなく、男性の手があると役立つ場面も出てくるでしょう。そういうような場に参加して、まずは子育て中の知人を増やし、子育てに関する情報を収集していくことができます。

スポンサーリンク



キッズシッターを頼む

子育ての事情を職場に説明してあるケースでも、仕事には不意の出来事が発生することがあります。どうしても早退ができなくなってしまい、お子さんの送り迎えができないことや、帰宅が遅くなってしまうこともあるかもしれないですね。そういった場合に子どもを1人にしておくのは気掛かりですよね。

そういう状況ではキッズシッターを利用するのが一押しです。東京、神奈川、大阪でサービスを展開している家事代行サービスであるベアーズでは「キッズ・ベビーシッタープラン」として1~12才までの子どもの送迎や自宅でのシッター、食事補助などができるような仕組みになっています。

これ以外に、子どもと一緒に遊んだりと、パパがいない間も子どもが和気あいあいと過ごせるようなサービスもしています。初回お試しプランは3時間で交通費・税込み10,817円です。当日の延長は、30分毎に税込み1,650円です。

いざというときに頼れる存在があると意識するだけでも、日常的な安心感が異なるものです。一人の力で子育てをしているシングルファザーなら把握しておいて損はありません。

家事代行サービスを頼む

ほとんどの日を定時で帰宅できるとしても、家事に忙殺されて子どもとゆったり過ごす時間が少ないという場合もあるでしょう。ときどき家事をプロに任せて、子どもとゆっくりと会話したり遊んだりと、大切な時間を送るようにしてみてはいかがでしょうか。

家事代行サービスのベアーズでは、きちんと訓練されたプロのスタッフに掃除や洗濯、買い物や料理といった普段の家事を頼むことができます。料理を軸とした「ベアーズの料理代行」サービスもあり、単発から定期プランまで、ユーザーに合わせたオーダーメイドで依頼することもできます。帰宅が遅くなることの多いパパなら、一週間分の夕食を作り置きしてもらう「楽ラクうちごはん」(定期プラン)が意義あるのではないでしょうか。

まとめ

シングルファザーは同じシチュエーションの人が少ないからこそ、周辺の協力を得ることが肝要といえます。子どもの学校行事や地域のコミュニティに率先して参加したり、臨機応変に家事代行サービスを頼ったりして、可能な限り大勢の人に助けてもらう機会を手に入れましょう。

それが、父子家庭としていつまでも頑張っていくためのキーポイントになります。「人に頼りたくない」とお考えの人も、子どものために、フレキシブルに考慮してみてはいかがでしょうか。

シングルファザーの特徴をご紹介いたします。
シングルファザーの方の魅力はたくさんあります。そんな中でも今回はシングルファザーの特徴には何があるのかをご紹介いたします。
シングルファザーとして仕事と育児や家事を両立させる方法。
シングルファザーとして子供を育てていく上で問題になってくるのが、仕事のと子育ての両立です。その方法をご紹介いたします。
父子家庭・シングルファザーのお悩みあるある
結婚して子供が生まれた時は、まさか自分が父子家庭になるなんて思ってもいなかった。 ですが、まだまだ認知が少ないとは言え、父子家庭は増加傾向にあります。 僕の経験も踏まえ、父子家庭あるあるをまとめて見ましたのでご参考いただければと思います。
【ブログ運営者】


シングルファザーのてっちゃんです。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーの資格保有で、子育ての事、シングルファザーならではのお悩みを解決できるようなブログを発信していきます。

男性雑誌のoceans web版 でシングルオトーチャンの生活白書連載コラムを執筆(2020年4月27日スタート)シングルオトーチャンの生活白書

健康や美容に関するブログは以下リンクで情報発信しています。NIRAIKANAI
SNSではリンパケアの背術写真などを載せていますので、よろしければ覗きに来てくださいね。
Instagram : @niraikanai_lymph

twitter : @Niraika43878728

詳しいプロフィールはこちち

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

 

シングルファザー
スポンサーリンク
shinpapaをフォローする
シングルファザーてっちゃんの子育てお悩み解決ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました