ひとり親家庭がお役に立つ手続きや補助! 子供におすすめの習い事

男女産み分け!日本で唯一 精子検査のみの 高精度男女産み分け法

子育て

シングルファザーでチャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーのてっちゃんです。資格を活かして、子育てやシングルパパの方の役に立つ情報を発信しています。今回は【コロナ禍の影響で苦境に立たされています。】をお話いたします。

子供は授かりもの!お腹に命が宿っただけでも奇跡で、性別は関係ない。無事に生まれてきてくれたら!

そうは言っても、性別って気になりますし、男女産み分けができれば、嬉しいですよね。

僕も、気持ちでは上記の気持ちですが、本心で言うと男の子が1人目で、2人目に女の子が欲しいって希望はありました。

そして、子供は男の子だったので、性別がわかった時はとても嬉しかったです。このように、幾ら授かりもので、無事に生まれて来てくれたとは思っていても、やはり願望通りの性別の命が宿れば、嬉しさも倍増いたします。

そして、既に子供がいらっしゃる方にとっても、1人目が男(女)の子だったので、次は女(男)の子が良いって思ったりすると思います。

またまた、3人、4人と子供がいてるけど、希望の性別の命を宿らない方もいらっしゃいます。そんな方々にも、今回の記事は希望が持てるようになるお話だと思います。

スポンサーリンク

男女産み分け!日本で唯一精子検査のみの高精度男女産み分け法

産み分け法があると言うのはご存知でしたか?色んな方法があるみたいですが、今回は何と、日本で唯一の男女産み分け法、その成功率は何と93%!!驚異的な数字です。

98%の成功率で産み分けが出来ると言われている【着床前診断】では、検査代や治療費を含め、400万〜500万と高額な金額が必要でしたが、今回ご紹介する産み分け法では、約50万円と高額な着床前診断に比べ10分の1の費用で行えます。

その他にも、5万円〜10万円で行える、産み分けゼリーや、パーコール法と言う産み分け方がありますが、何も50%〜60%の成功率でしかありません。

安価に産み分けゼリーやパーコール法を行い、1回や2回で産み分けが成功すれば良いかもしれませんが、希望の性別にならない場合は余計に金額がかかってしまうかもしれません。

それを考えれば、今回ご紹介させていただいている、精子検査のみの高精度男女産み分け方であれば、93%の高確率で産み分けが可能となっています。しかも面倒な通院も不要と言うことで、余計な労力も省かれますので、産み分けをされたい方には、とても嬉しいことですよね。

スポンサーリンク



日本で唯一精子検査のみの高精度男女産み分け法とは?

詳細は【MicroSort(マイクロソート)】にアクセスしていただければと思いますが、こちらの記事でもご説明させていただきます。

従来からある産み分け方法では、上項でも記載した通り、3つの産み分け方法があります。

①着床前診断、②産み分けゼリー、③パーコール法と言ったものです。そして、今回ご紹介するものは、④マイクロソート(精子検査のみの男女産み分け法)です。それぞれの産み分け法をご紹介いたします。

①着床前診断
着床前診断は、体外受精した受精卵が胚盤胞という状態まで成長した段階で数個の細胞を取り出し、23対の染色体の異数性を調べる検査のことです。その染色体検査の段階で性染色体についても男性か女性か判定が可能なため、希望の性の染色体を持つ受精卵だけを子宮に戻すことで産み分けが可能となります。検査精度は、98%程度と言われています。
ただし、着床前診断を行うには、医療機関にて、女性から卵子を採取(採卵)した上で体外受精を行い受精卵を作成する必要があります。その為、採卵の痛みなどが発生し、費用面でも着床前診断の費用以外に採卵、体外受精、その後の胚移植費用が必要となり総額で300万以上は最低でも必要となります。
②産み分けゼリー
産み分けゼリーとは、膣の酸性度をコントロールするゼリーです。女の子を希望する場合は、ピンクゼリーを使用して膣を酸性の状態にし、男の子を希望する場合は、グリーンゼリーを使用し、膣をアルカリ性の状態にすることで産み分けを行います。
しかし、医学的な証明は乏しく、産み分けの確率は50~60%程度で男女産み分けの方法としては確率の低い方法です。
③パーコール法
パーコール法は、分離試薬 (パーコール液) に精子を重層し遠心分離する方法です。X精子はY精子よりも重いとされており、パーコール液に精子を入れ遠心分離すると、底に沈んだ精子はX精子の割合が高くなります。選別されたX精子を使うと女の子が生まれます。
パーコール法は成功率70%とも75%とも言われていますが、 実際には50~60%程度とする意見も多くあり、男女産み分けの方法としては完全なものではありません。
④マイクロソート(精子検査のみの男女産み分け法)
MicroSort®「マイクロソート」は、精子の段階でX精子(女の子)かY精子(男の子)かを判定し選別する検査です。
X精子(女の子)には、Y精子(男の子)に比べ、DNAの総量が2.8%程度多く存在しています。
MicroSort®「マイクロソート」は、その精子のDNAの量の差を検出することで、X精子(女の子)かY精子(男の子)かを識別し精子を高精度に分類します。
肝心な産み分けの確率は、1500件以上の妊婦さんの追跡調査の結果から、X精子(女性)の確率が93%となっており着床前診断の精度に迫る非常に高精度な産み分け方法であることが証明されています。
また費用面でも着床前診断のように高額な費用はかかりません。更に詳しい情報は下記URLに記載されています。
それぞれの、産み分け法の費用や確率を表にまとめて見ましたので、ご覧ください。
着床前診断 産み分けゼリー パーコール法 マイクロソート
産み分け確率 98%程度 50~60%程度 50~60%程度 93%程度
手軽さ 医療機関の受診が必要
体外受精が必要
膣内に自分で挿入 医療機関の受診が必要 医療機関の受診なし
ご自身で精液を膣に注入
費用 300~500万円前後 2~4万円程度 5~10万円程度 447,000円(税別)
妊娠確率 体外受精にて  60〜70%程度 自然妊娠と同程度 自然妊娠と同程度 1回セットの場合:自然妊娠と同程度
3回の場合:65%程度(※平均値)

引用元:【MicroSort(マイクロソート)】

このように、従来の産み分け法と比較しても、体に負担もなく、そして高確率で、費用も安価、通院も不要である、マイクロソート(精子検査のみの男女産み分け法)は、産み分けを希望されている方にとってはとても良いものだと思います。

産み分けを考えらている方で、従来の方法では叶わなかった方、高額で産み分け方法をすることが出来なかった方、一度資料請求をされてみてはいかがでしょうか。


【MicroSort(マイクロソート)】

★活動の支援をお願い申し上げます。★

コロナの影響でブログ運営やカウンセラー業務に影響が出ています。少しでも皆様のお力になれる様にさせていただくため、お買い物支援をしていただけてば幸いです。どうかよろしくお願い申し上げます。



【ブログ運営者】


シングルファザーのてっちゃんです。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーの資格保有で、子育ての事、シングルファザーならではのお悩みを解決できるようなブログを発信していきます。

男性雑誌のoceans web版 でシングルオトーチャンの生活白書連載コラムを執筆(2020年4月27日スタート)シングルオトーチャンの生活白書

健康や美容に関するブログは以下リンクで情報発信しています。NIRAIKANAI
SNSではリンパケアの背術写真などを載せていますので、よろしければ覗きに来てくださいね。
Instagram : @niraikanai_lymph

twitter : @Niraika43878728

詳しいプロフィールはこちち

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

 

子育て
スポンサーリンク
shinpapaをフォローする
シングルファザーの子育てお悩み解決ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました