ひとり親家庭がお役に立つ手続きや補助! 子供におすすめの習い事

小学校でプログラミング必修化!「子どものプログラミング教育」

学習指導要領の改訂で、2020年度から小学校ではプログラミング教育が必修化となりました。

プログラミングが必修となった背景には、現在またはこれから先の時代において「プログラミングが重要に」なってくるためです。世界ではあらゆる物事にIT技術が使用されており、普及が進んでいます。こういった技術に深く関わるのが、プログラミングという技術なんですね。プログラミングの仕組みを早い段階で身に着けることが出来れば、ITの進化が凄まじい社会の変化や雇用情勢に対応出来るようになるのではないかという考えから、必修化となりました。

ただし、プログラミングといってもその仕組みを理解出来ている方は多くありません。必修化となったことで子どもたちはもちろん、親の方も「よく分かってない」という方が多いのが現状です。

一方で、プログラミングが必修となったことで「家で出来ることはないか?」「子どもがプログラミングに適応するためにはどういったサポートが必要か」とお悩みの方も多いはず。

下記では、そんなお悩みを解決するためにいくつかの項目に分けて解説!していきます。

スポンサーリンク

2020年からプログラミング教育が必修化に

プログラミングというと、どうしても「高度な技術」というイメージがありますよね。プログラミング言語というコードを用いてシステムを構築する技術をプログラミングと言いますが、子どもが学習するには難しいのではないかと考える方も少なくないでしょう。

しかし、プログラミング教育の根本的な目的は「プログラミング的思考力を身につける」ためとされており、複雑なコードを覚えたり、高度なシステムの構築をするというわけではないようです。

プログラミング的思考力とは、様々な問題点に対して広い視野をもって解決する考え方と言われており、これからの社会に「必要な力」とされています。

現代では幅広い事業において、ITの技術が活躍しています。例えばハウス内の温度や湿度を管理出来るシステムや、収穫時期を計測結果に基づいて予測出来るシステムなど、ITとは無縁に感じる農業でもITの技術が活躍している時代です。

これから先の時代、私達の生活をより便利に、豊かにするのに役立つのがプログラミングということですね。

子どもがプログラミングを学習するメリットについて

今や小学生でもYouTubeやWebサイトを活用していたり、幼児の時からiPadに触れていたりと、私達の幼少期からすれば考えられない時代になっています。様々な機器と密に増える機会が増えたことで、インターネットに対しても簡単に操作ができるようになった昨今、子どもたちは必然的にプログラミングで作成されたシステムや技術を活用しているとも言えます。

子どもの頃からプログラミングを学習することには、いくつかのメリットがあります。1つずつ確認してみましょう。

モノづくりや最先端技術に携わることが出来る

電化製品やインフラなど、世の中の多くのモノにはプログラミングが用いられています。プログラミングといっても、ただコードを書いて終わりというわけではありません。プログラミングは「試行錯誤する機会」のほうが多いと言われています。どうすればもっと良くなるだろうか、どこを改善すれば良いのかなど、たくさん悩んで作り上げたシステムは達成感がとても高いです。

また、プログラミングを学ぶことで、生活を豊かするモノやサービス以外に、仕事の効率アップさせることができる最先端技術に携わることが可能です。

創造力と集中力を養える

創造力や集中力が身につくのも、プログラミングを学ぶメリットと言えるでしょう。プログラミングは、頭でイメージしたものを実現出来る可能性がある技術です。例えば日々の生活の中で思い浮かんだアイデアを形にしたり、活かすことが出来ます。私達の生活をより快適にしてる技術もそうしたアイデアから生まれてきました。

また、人は目標があったり楽しいことをするときに高い集中力を発揮することが出来ます。プログラミングを楽しいと感じられることで、子どもに集中力が養われると期待されています。

社会の変革に強くなる

IT化が進んでいる現代において、IT業界では人手不足ということが挙げられます。経済産業省の調査結果によると、IT人材は2030年までに78.9万人が不足すると計算されており、人材不足が懸念されています。プログラミングのようなIT知識は短期身につくようなものではなく、時代のニーズに沿った知識や技術を要します。このような背景から、プログラミングが出来る人材の需要は高まりつつあります。

そのため、プログラミングを習得しておくことで就職や転職の際に有利になったり、会社でも必要とされる人材になれる可能性が高くなります。

子どものプログラミング学習、親がサポート出来ることは?

上述したように、プログラミング教育の目的はプログラミング的思考力を身につけることにあります。そのために「プログラミング教室へ通わせる」「専用のパソコンを購入する」といった必要はありません。

小学校の教育課程において重要なポイントは「子どもがプログラミングに興味をもつかどうか」にあります。プログラミング的思考力を身につけることを最終的なゴールとはしていますが、子どもがプログラミングを楽しいと思って興味を持てるかどうかが重要です。

一方で、子どもがプログラミングに興味を持った場合、学校の授業だけで学習するというのは勿体ないです。そこで初めて親が子どもに対してどういったサポートをするべきか、子どものプログラミング能力を更に伸ばすにはどうすればいいのかを考える段階ではないでしょうか。

幼いうちからパソコンに触れさせる

自宅にパソコン環境があるという方に限られてしまいますが、日常からパソコンに触れることで、パソコンの操作に慣れることが出来ます。プログラミングを行う際にはパソコンを使用する場合が殆どなので、パソコンの操作に慣れているとプログラミング学習をスムーズに出来ることでしょう。

一方で、パソコンを子どもに触れさせる時には「トラブルを防ぐ」ということも念頭に置かなければなりません。パソコンという機器は便利ではありますが、その反面リスクと脅威もあるため、下記のように子どもが安全にパソコンを使うことが出来るように親が注意する必要があります。

  • 年齢にふさわしくないゲーム、サイトを閲覧出来ないように「フィルタリング機能の活用」
  • 長時間の利用ができないように「使用時間の設定」
  • 親に無断で買い物をしたり課金をするといったことがないように対策

自宅で楽しく取り組めるプログラミング学習を取り入れる

プログラミング学習といっても、教師とマンツーマンで本格的な学習をするといったわけではなく、あくまで子どもが「プログラミングの楽しさ」「プログラミングの基本」を学ぶことが出来ます。

プログラミング教育は小・中・高で拡充されますが、小学校の段階では、授業などのサポートとして役立てられる意味合いが強いため、子供たちのために保護者側もプログラミングについて理解する姿勢が求められそうです。

下記でご紹介する子ども向けの自宅プログラミング学習は

  • 自宅で楽しみながら「プログラミングについて学習」出来る
  • 「プログラミング的思考力」が身につく
  • プログラミングを通して「イメージをカタチにすることや集中力」を養える

といったことが挙げられます。

とくに、気軽にプログラミング学習を自宅に取り入れることにはいくつかのメリットがあります。親が子どもをサポートしようと思ったときには、子どもと一緒になってプログラミングで遊んでみること、ときには子どもたちに教えてもらいながらやってみようとする姿勢が重要です。なにより、プログラミングを実践してみて親が楽しむ姿を見せることによって、子ども達も「やってみたい」と意欲を見せるはずです。

以上のことを踏まえたうえで、下記ではおすすめの子ども向けのプログラミング学習をご紹介します。自宅でプログラミング学習を取り入れたい・自分も子どもと一緒にプログラミングを学びたいと考えている方達は是非参考にしてみてください。

LEGO®︎WeDo 2.0

レゴブロックブロックを組み立ててプログラミング学習

プログラミング内容 ロボットプログラミング
特徴 創造力やプログラミングへの興味を育む
料金例 32,700円
対象年齢 小学生~
公式サイト LEGO®︎WeDo 2.0
  • 添付されている「組立図」を参考にレゴを組み立て!
  • 組み立てはロボットはプログラムで動かすことが出来る
  • 慣れてきたら応用課題にチャレンジ

LEGO®︎WeDo 2.0はレゴブロックを組み立てて、組み立てたロボットをプログラムで動かすことが出来るというのが特徴のロボットプラグラミング学習になります。12種類の基礎課題と12種類の応用課題が含まれており、子どもの実力に併せてステップアップしていけるのがポイント。何より楽しみながらプログラミング学習を行えるのが嬉しいですよね。自宅で気軽に取り組めるため、親子で一緒にプログラミング学習をしたいという方にもおすすめです。

LEGO®︎WeDo 2.0

▼LEGO®︎WeDo 2.0について、より詳細な記事はこちら

自宅で簡単にプログラミング学習!LEGO®︎WeDo 2.0のご紹介
LEGO®︎WeDo 2.0は自宅で簡単に「プログラミング学習」を取り入れることが出来る、自宅向けのロボットプログラミング教材となります。 高度な技術を駆使してプログラムを組んでいくというわけではなく、おもちゃで馴染み深い「レゴブロック」を組み立てて動かすというのがコンセプトになります。

ArTec自考力キッズ


3種類のカリキュラムで6つの力が身につく

プログラミング内容 パズルとロボットとプログラミング
特徴 毎月パズルとロボットとプログラミングの3種類のカリキュラムに
取り組む2年間のコース
料金例 月額11,000円~(受講料)
対象年齢 年長以上~
公式サイト ArTec自考力キッズ
  • 全国に540カ所以上の教室
  • パズル・ロボット・プログラミングの3要素
  • プログラミング的思考力と問題解決力を養える

ArTec自考力キッズではパズル・ロボット・プログラミングの3種類を取り入れており、問題解決力やプログラミング的思考力を身につけることが出来ます。使用している教材も独自のもので、「アーテックブロック」というエジソンアカデミーと教材メーカーが開発したものです。アーテックブロックは構造が特徴的で、すべての面に穴が開いている独立構造。あらゆる方向で繋げたり、組み立てることが出来るため「子どもの創造力を大きく伸ばす」ことが出来るんですね。

小さいお子さんでもイメージしているものをカタチに出来るため、子どもが無理なく始められしっかりとした知識が身につくおすすめのプログラミング教室になります。

ArTec自考力キッズ

▼ArTec自考力キッズについて、より詳細な記事はこちら

独自のカリキュラムで6つの力が身につく!ArTec自考力キッズについて
ArTec自考力キッズは、全国に展開するロボットプログラミング教室になります。 パズル・ロボット・プログラミングの3要素を取り入れた独自のカリキュラムで、プログラミング的思考力と問題解決力などが身につくのが特徴です。
★活動の支援をお願い申し上げます。★

コロナの影響でブログ運営やカウンセラー業務に影響が出ています。少しでも皆様のお力になれる様にさせていただくため、お買い物支援をしていただけてば幸いです。どうかよろしくお願い申し上げます。



スポンサーリンク
shinpapaをフォローする
シングルファザーてっちゃんの子育てお悩み解決ブログ
タイトルとURLをコピーしました