ひとり親家庭がお役に立つ手続きや補助! 子供におすすめの習い事

父子家庭・シングルファザーのお悩みあるある

シングルファザー

シングルファザーでチャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーのてっちゃんです。資格を活かして、子育てやシングルパパの方の役に立つ情報を発信しています。今回は【父子家庭・シングルファザーのお悩みあるある】をお話いたします。

父子家庭・シングルファザーは、子育てや家計、仕事など、悩みは尽きないもの。

しかし周囲に相談できる相手が少なく、一人で悩みを抱えるシングルファザーが多いようです。

そこで父子家庭・シングルファザーなら誰もが一度は体験するであろう「あるある」をまとめました!

スポンサーリンク

1.なぜシングルファザーの悩みは尽きない?

妻との死別や、妻の育児放棄・浮気・価値観の不一致などによる離婚から、一人で子供を育てている未婚の父親を「シングルファザー」と言います。

シングルファザーは、シングルマザー同様に一人で子供を育てているひとり親世帯で、両者の立場は同じはずですが、シングルファザーは社会の中で孤独を感じやすいと言われています。

それはなぜなのでしょうか。

昭和63年(1988)年度 平成23年(2011)年度
母子家庭の世帯数 84.9万 世帯 123.8万 世帯
父子家庭の世帯数 17.3万 世帯 22.3万 世帯

平成27年に厚生労働省が発表したデータによると、25年間で母子家庭は1.5倍、父子家庭は1.3倍とともに増加傾向にあります。

しかしひとり親世帯の割合は母子家庭世帯が約85%、父子家庭世帯が約15%となっていて、母子家庭の方が多いです。

そのため社会では父子家庭・シングルファザーへの認知度が低く、シングルファザーは一人で悩みを抱えがちなのです。

スポンサーリンク


2.父子家庭・シングルファザーならではのお悩みあるあるとは

男だから経済的に余裕がある!?

・収入が高いと思われる
・養育費を断られる
・生活保護の申請を断られる

世間では「女性より男性の方が収入が高い」というイメージが強く、経済的に余裕があると誤解されがちです。

実際には住宅のローン、学費、学童、習い事などの費用を一人で稼がないといけません。

中には養育費や生活保護の申請を、男性というだけで断られたシングルファザーも。

上司の理解が得られない

・「子供を施設か実家に預けろ」と言われる
・「仕事と子供どちらが大事なのか」
・別の部署に移動させられる

会社には男性が子供を引き取って育てることが理解できないという人もいます。

親であれば自分の手で子供を育てたいと思うのは当然のことですが、その気持ちが理解されずに仕事を続けなければいけないなんて辛いですよね。

仕事は頑張りたいし、生きていく上で収入は必要です。でも一番大事なのは子供の存在。

そこに男女の差などないはずです。

父親が親権を持つのは変?

・周囲から好奇の目で見られる
・「普通は母親が親権を持つ」と言われる
・「男一人でできるのか」と言われる

世間では「離婚後の親権は母親が持つもの」というイメージが強く、なぜ父親が親権を持つのか不躾に聞いてくる輩もいます。

中には男に家のことや子供の世話ができるのかと口を出してくる人も。

男だからできないと、勝手に決めつけないでもらいたいですよね!

周囲との違い

・子供の予防接種、学芸会、保護者会などは母親ばかりで周囲から浮く
・親子で出かけている家族を見ると昔を思い出す
・母親がいることを前提に話しかけられる

予防接種や学芸会、保護者会など、子供に関連した場に出かけると、周りは母親ばかりで気後れします。

また、子供と買い物などに出かけても、お母さんがいる家族に目がいってしまい、昔を思い出すシングルファザーも多いです。

外で話しかけられても、「家族は両親がそろっているもの」と思っている人も多く、母親がいる前提の会話になってしまうことも珍しくありません。

生活の中で感じる子育ての不便さ

・母子手帳というネーミングに違和感を覚える
・授乳室に入れず、外のソファでミルクを与える
・オムツ交換台やベビーチェアが設置されている男性トイレが少ない

母親が子供を育てる前提で街が作られていると感じることがあります。

例えば母子手帳。母親の欄は二重線で消せても、手帳の名前は変えられません。自治体によっては「父子手帳」があるとか。今後の普及に期待です。

ショッピングモールや駅に設置されている授乳室、オムツ交換台、ベビーチェアなども女性しか入れない場所にあることが多く、不便に感じます。

娘の子育て

・生理のトラブル、タンポンやナプキンの使い方がわからない
・ブラジャーを買うときは店員に娘を任せて外に出る
・おしっこの拭き方がわからない

思春期の娘がいるシングルファザーならではの悩みもあります。

生理は血が出る以外にどんな症状があるのか、どれぐらい痛いのかなど、男には未知の領域です。

タンポンやナプキンの使い方、ブラジャーの選び方もわからないので、店員さんに聞いた方がいいでしょう。

また、女の子はおしっこをした後にトイレットペーパーを使いますが、前に拭くのか、後ろに拭くのかもわかりません。

▼娘の生理についてはこちらもご覧ください。

父子家庭!娘の生理にどう対応する?
父子家庭で娘さんを育てている家庭で一番の困惑するのが、身体が大人になり始める時に始まる生理です。 この問題にどう向き合っていくのか難しいところですが、早い段階から娘さんと一緒に学んでいくことが大事です。

母親の存在

・物語で母親の愛情を描かれると切ない
・子供に「ママは?」と聞かれる
・子供のために再婚すべきか悩む

アニメや映画で描かれる家族は、母親がいることが多く、母親の愛情を描かれると自分には足りないものがあるような気持ちになることがあって切ないです。子供が小さいと、離婚したことを理解していなくて、「ママはどこ?」「いつ帰ってくるの?」と聞かれ、寂しい思いをさせているのかと申し訳なくなります。

子供には母親が必要なのかもしれない、と再婚を考えた経験、皆さんにもあるのではないでしょうか。

【ブログ運営者】


シングルファザーのてっちゃんです。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーの資格保有で、子育ての事、シングルファザーならではのお悩みを解決できるようなブログを発信していきます。

男性雑誌のoceans web版 でシングルオトーチャンの生活白書連載コラムを執筆(2020年4月27日スタート)シングルオトーチャンの生活白書

健康や美容に関するブログは以下リンクで情報発信しています。NIRAIKANAI
SNSではリンパケアの背術写真などを載せていますので、よろしければ覗きに来てくださいね。
Instagram : @niraikanai_lymph

twitter : @Niraika43878728

詳しいプロフィールはこちち

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

 

シングルファザー
スポンサーリンク
shinpapaをフォローする
シングルファザーてっちゃんの子育てお悩み解決ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました