ひとり親家庭がお役に立つ手続きや補助! 子供におすすめの習い事

子供の幸せの為に家庭環境が悪いのであれば離婚する選択肢も!

子育て

シングルファザーでチャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーのてっちゃんです。資格を活かして、子育てやシングルパパの方の役に立つ情報を発信しています。今回は【子供の幸せの為に家庭環境が悪いのであれば離婚する選択肢も!。をお話いたします。

スポンサーリンク

子供の幸せの為に家庭環境が悪いのであれば離婚する選択肢も!

語弊のない様に先に言っておきますが、離婚を推奨している訳ではありません。子供を育てていく上で、子供にとっては両親が揃って、両親からたっぷり愛情をもらえることが一番良いのですから、夫婦円満、家庭円満な事を何よりも望んでおります。

しかし、夫婦の存続、家庭の存続が難しい場合も出てきます。その場合には、夫婦間の問題、家庭内の問題が子供へ悪影響が大きく関わってくる可能性もある為、離婚という選択肢も時には必要であると考えます。

家庭環境で子供への影響はどの様なものか

極端な例をあげますが、学校での授業妨害、校則違反、喫煙、違法薬物、暴力、万引き、恐喝などの犯罪行為を含め、数えあげればキリがありませんが、親からの愛情不足や家庭内での問題によって、子供がこの様な問題行動を起こす様になる可能性は高くなります。

実際に問題行動を起こす子供に対してカウンセラーを行う上でも、子供に自身に目を向けるのではなく、問題行動を起こす、その子供に関連する環境から原因を探っていきます。

スポンサーリンク



子供が問題行動を起こす様になる原因とはどの様なものか。

子供によっても問題行動を起こす引き金となる原因は様々ですが、以下の4つに当てはまり、改善が見受けられない時は子供にとって重大な悪影響を及ぼす可能性が高くなるので、離婚の選択肢を視野に入れ、子供の環境を変えてあげた方が良いです。

1、父または母のどちらかが、育児放棄
2、父または母のどちらかが家庭内(父または母、子供への)暴力
3、父または母のどちらかが、生活放棄
4、父または母のどちらかが、凶悪犯罪を犯した。

夫婦間、家庭間の環境に回復が見込めない場合は離婚という選択肢を!

冒頭でもお伝えした通り、離婚を推奨するわけではありません。しかしながら、夫婦間や家庭間での環境回復が見込めない場合は、子供が健全な成長が見込めない可能性が高くなりますので、離婚という選択肢も視野を入れていただきたいと思います。

その中で、シングルになると、【子供が可哀想。生活が大変になる。】という不安で離婚に一歩踏み出す勇気が出ないkたもいらっしゃいますが、まず、子供が可哀想という理由では、例えばですが、父親と母親が毎日喧嘩をしている環境を見せている方が可哀想です。

離婚をして、どちらかが親権を持ち一緒に暮らし、どちらかが、非親権者で、非監護者になってしまいますが、夫婦間の問題はクリアにし、お互いスッキリした状態で、子供との関わりを持った方が、子供にとっては良いです。

離れて暮らす事に子供は悲しみますが、親の喧嘩を見る事はなく、笑顔でいてくれて、自分に愛情を向けてもらえる方が、子供にとっては幸せです。また非監護者の方も、面会交流という場をきちっと設けて、子供との関わりをちゃんとしていく事で、自分はどちらからも愛されているんだ。という事を再確認出来る様になります。

逆に、子供に対して虐待をしていたのであれば、虐待者を恐怖の対象としているので、身の安全を確保してあげることが最優先となるので、離婚の選択肢を常に考えて置かないと行けません。

また、親の悪態を見続けている子供は、モデリングと言って、その光景が無意識に潜在意識へと刷り込まれてしまい、いつしか子供も、親と同じ様な行動を取る様になってしまいます。

よく虐待されてきた子供は、自分も子供が出来たら虐待をしてしまうという話も聞いたことがあると思いますが、それが親の背中を見て育った為に、知識として吸収されたものになってしまうのです。その様なダメな知識を刷り込ませない為にも、出来る限り良い環境に身を置くのが良いでしょう。

生活面でも、確かに仕事に家事に育児にと、大変になる事も多いですが、何よりも子供の環境を優先にしてください。はっきり言って覚悟さえあれば、子を想っているのであれば、何とでもなります。

何度も繰り返しになりますが、子供の環境を優先に行動をしていただきたいと思います。

関連記事

父子家庭になって役立つ7つの手当や補助制度のご紹介!」
父子家庭になると様々な不安があります。その中で、父子家庭になってしまった時に、役立つ、助かる手当、免除制度などを7つご紹介いたします。
子供はいつしか親と同じ行動を行うようになる。
蛙の子は蛙と言うように、親にされた事と同じように子供はしてしまいます。これは子育ての連鎖と言われるものです。 どうせなら、子供に良い背中を見せて上げるようにしてあげましょう。
別居または離婚後の子供との面会交流の実施について
別居また離婚後の面会交流は、暴力等の重大な問題がない限り、積極的に実施しなければなりません。これは権利でもありますので、私的感情に流されず、子供の福祉のためにも、面会交流を積極的に行ってください。
子供を児童虐待から守る為には?
近年では少子化が進む一方で子供の数が減少しているのにも関わらず、児童虐待の数は増加の一途をたどっています。児童相談所への児童虐待相談件数が増加傾向にあり、児童虐待は依然として早急に取り組むべき社会全体の課題となっています。特に子供の尊い命が奪われる痛ましい児童虐待事件は後を絶たず、ニュースで見る機会も少なくありません。
離婚して親権者ではない親が子供の為に支払う養育費は?
未成年の子供がいる夫婦が離婚した場合、親権者ではない親は、養育費を支払う義務があります。養育費を支払う側も、養育費を受け取る側も、しっかりと理解して、大切な子供と育てるあなた自身も、負担が増える事のないようにしていただきたいと思います。養育費を支払う方も、養育費は支払う義務があるので、子供のために必ず支払いましょう。
夫婦間で離婚の合意が出来ない場合は離婚調停
離婚したくても離婚が出来ない。夫婦間で協議しても離婚が出来ない場合は離婚調停を利用する事も考えましょう。離婚調停をした経験も踏まえて離婚調停の流れをご紹介いたします。
父親が親権を得るには!?親権争いは根底から父親が不利!
日本の親権争いは、父親が不利で母親が有利と言われています。日本は先進国ですが、子育て等の事になると、他の国よりかなり遅れています。父親が親権を取る為に少しでも有利なるポイントをご紹介いたします。

【ブログ運営者】


シングルファザーでリンパケアメンズセラピストのてっちゃんです。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーの資格保有で、子育ての事、シングルファザーならではのお悩みを解決できるようなブログを発信していきます。詳しいプロフィール

健康や美容に関するブログは以下リンクで情報発信しています。NIRAIKANAI
SNSではリンパケアの背術写真などを載せていますので、よろしければ覗きに来てくださいね。
Instagram : @niraikanai_lymph
twitter : @Niraika43878728

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

 

子育て
スポンサーリンク
shinpapaをフォローする
シングルファザーてっちゃんの子育てお悩み解決ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました