ひとり親家庭がお役に立つ手続きや補助! 子供におすすめの習い事

子育て費用は一体どれぐらいかかる?

子育て

シングルファザーでチャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーのてっちゃんです。資格を活かして、子育てやシングルパパの方の役に立つ情報を発信しています。今回は【子育て費用は一体どれぐらいかかる?】をお話いたします。

スポンサーリンク

子育て費用は一体どれぐらいかかる?

子育てとは、子供が一人前になるまで親が責任を持って育てるのが責務です。その大切な子供の選択肢が狭ばる事がなく、進みたい道に行かせてあげる為に、子供を一人前にする為には、どれぐらいの費用が必要なのかを知る事で計画的にお金を準備することが出来ます。

お子さんがいらっしゃる方も、これから出産する方も読んでいただき、必要な時になって焦ることの無いように計画的にお金を準備して頂ければと思います。

子供が生まれた時から、一般的な大学を卒業するまで(養育費と教育費の合算費用)の平均金額は凡そ2,500万円です。勿論、進学する学校によっては値段は変わってきますが、基本的には、このぐらいのお金が必要と考えて頂ければと思います。

内閣府が発表している中学までの年間必要額の算出表
未就園児 年間約84万円 月額約7万円
保育園児・幼稚園児 年間約121万円 月額約10万円
小学生 年間約115万円 月額約9.6万円
中学生 年間約155万円 月額約13万円
合計 約1770万円

幼稚や、小学校、中学校で受験して私立に行く場合は教育費に必要な金額が上がってきます。教育資金だけで見ていくと以下のようになります。

幼稚園で必要な学費(公立・私立)

公立幼稚園 私立幼稚園
費用内容 年間平均 3年間総額 年間平均 3年間平均
授業料

66,206

198,618円

211,076

633,228円
その他

9,607

28,821円

10,572

31,716円
園外活動費

83,895

251,685円 141,553円 424,659円
合計

223,647

670,941円

527,916

1583,748円

引用元:文部科学省 平成30年度子供の学習費調査

平成30年度子供の学習費調査の結果について:文部科学省

小学校で必要な学費(公立・私立)

公立小学校 私立小学校
費用内容 年間平均 6年間総額 年間平均 6年間平均
授業料

0円

485,337

2,912,022円
その他

4,170

25020円

9,275

55,542円
学校外活動費

214,451円

1,286,706円 646,889円 3881,334円
合計

321,281円

1,927,686円

1,598,691円

9,592,146円

引用元:文部科学省 平成30年度子供の学習費調査

平成30年度子供の学習費調査の結果について:文部科学省

中学で必要な学費(公立・私立)

公立幼稚園 私立幼稚園
費用内容 年間平均 3年間総額 年間平均 3年間平均
授業料 0円 0円 428,574円 1,285,722円
その他 3,599円 10,797円 8,397円 25,191円
学校外活動費 306,491円 919,473円 331,264円 993,792円
合計 488,397円 1,465,191円 1406,433円 4,219,299円

引用元:文部科学省 平成30年度子供の学習費調査

平成30年度子供の学習費調査の結果について:文部科学省

高校で必要な学費(公立・私立)

公立幼稚園 私立幼稚園
費用内容 年間平均 3年間総額 年間平均 3年間平均
授業料 25,378円 76,134円 230,026円 690,078円
その他 3,053円 9,159円 6,085円 18,255円
学校外活動費 176,893円 530,679円 250,860円 752,580円
合計 457,380円 137,2140円 969,911円 2,909,733円

引用元:文部科学省 平成30年度子供の学習費調査

平成30年度子供の学習費調査の結果について:文部科学省

大学で必要な学費(国立・公立・私立)

年間平均 4年間平均
国立大学 647,700円 2,590,800円
公立大学 666,300円 2,665,200円
私立大学 1,361,600円 5,446,400円

 

スポンサーリンク



子育て費用は想像以上にお金がかかる

上記の表を見て頂いたらお分かり頂けるように、子育て費用は想像以上に必要となります。これが例えば、医学部とかになってくると更にお金が必要となってきます。大切な子供の将来にも関わってきます。お子さんにあらゆる可能性を与えてあげる為にも計画的に、貯蓄や資産運用をして頂ければと思います。

僕の場合は、子供が生まれて直ぐに、学資保険に入りました。一応、中学生、高校生、大学生になるタイミングで、受け取る事も出来ますが、大学に入る前の18歳満期で設定しています。

その他にも、僕はシングルファザー・父子家庭で自営業ですので、僕に何かあって働くことが出来なくなった時の為に、収入保障保険と言うのにも入っています。

これは、掛け捨てになりますが、保険料によって毎月、5万、10万、20万って受け取る金額を設定することが出来ます。また、僕の保険では、もし仮に何かあった時は、息子は自分自身で、一時金としてドーンともらうのか、満期までコンスタントにもらうのかを選べることが出来ます。

保険会社によって様々なパターンがございますので、一度、色々調べて見てはいかがでしょうか?下記リンク先は日本最大級の保険代理店が運営している保険見直しラボ。31の保険会社から、あなたのライフスタイルに合わせた、オーダメイドの保険を作成していただけます。一度、ご相談されてみてはいかがでしょうか?



【ブログ運営者】


シングルファザーのてっちゃんです。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーの資格保有で、子育ての事、シングルファザーならではのお悩みを解決できるようなブログを発信していきます。

男性雑誌のoceans web版 でシングルオトーチャンの生活白書連載コラムを執筆(2020年4月27日スタート)シングルオトーチャンの生活白書

健康や美容に関するブログは以下リンクで情報発信しています。NIRAIKANAI
SNSではリンパケアの背術写真などを載せていますので、よろしければ覗きに来てくださいね。
Instagram : @niraikanai_lymph

twitter : @Niraika43878728

詳しいプロフィールはこちち

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

 

子育て
スポンサーリンク
shinpapaをフォローする
シングルファザーてっちゃんの子育てお悩み解決ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました