ひとり親家庭がお役に立つ手続きや補助! 子供におすすめの習い事

子供の一人っ子で思う事について

子育て

シングルファザーでチャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーのてっちゃんです。資格を活かして、子育てやシングルパパの方の役に立つ情報を発信しています。今回は【子供の一人っ子で思う事について】をお話いたします。

スポンサーリンク

子供の一人っ子で思う事について

子供の一人っ子が増えている。

近年では、少子化が進み一人っ子が増えて来ています。それには、現代の社会に問題があるのかもしれません。女性の自立が増え始め、男性に頼らなくて良くなって来た事、非雇用制度で安定した収入がないなど実に様々な要因で、未婚化・非婚化の進行、晩婚化・晩産化の進行が進んでいるのは確かだと思います。実際に僕の子供も一人っ子ですし、息子の周りの友達も一人っ子が多いです。

調査年次 0人 1人 2人 3人 4人 完結出生児数
1982年 3.1% 9.1% 55.4% 27.4% 5.0% 2.19人
2010年 6.4% 15.9% 56.2% 19.4% 2.2% 1.96人

上記表、出生動向基本調査/国立社会保障・人口問題研究所の統計によると、子供2人の割合はほとんど変わってはいないですが、子供0人、1人の割合は上がっていて、子供3人、4人の割合が減っているのがよくわかります。※完結出生児数 夫婦の最終的な出生子ども数のこと。

子供の一人っ子はいけない事?

決して子供の一人っ子が行けないというお話ではありません。少子化が進んでいる中で、子供が複数人欲しい方でも安心して子供を産むための制度が整っていないという事に問題があると言う事です。

子供は一人で良いという方も沢山いらっしゃると思います。少子化が進んでいるからと言って無理に2人目を作る必要はありません。ただただ、2人目、3人目が欲しいけど様々な理由により作れないという方々にとって、もっと安心して子供を作れる環境の整備が必要だと思います。

子供一人というのはメリットも沢山あります。

まず一番最初に挙げられるメリットとしては、愛情を一人に思いっきり注げるという事ではないでしょうか。兄弟、姉妹がいてると、どうしても愛情を分散してしまいます。それによって、兄が弟を憎んでしまったり、弟が兄を疎ましく思ったりしてしまうケースもありますが、一人っ子ではそれがありません。

現に、僕も子供自体が大好きで、一人息子が大大好きです。それ故に、まだ家族で仲良く暮らしていて、2人目の話が出た時には、こんなに唯一無二も果てしなく可愛い子供がいてるのに、2人目が出来た時に、この愛情をどのようにしたら良いのだろうか?と、まだ2人目が出来てもいないのに、真剣に悩んだ時もありました。

子供は沢山欲しいですが、何も考えずに、息子一人に全力で愛情を注げるので、それはそれで一人でも良かったと思っています。

そのほかのメリットとしても、何処かに出かける時に、エネルギーもお金も余裕が出来る事だと思います。友達家族と出かけることも多々あるのですが、兄弟で別々の事をするし、かと言って同じ物を与えないと拗ねたり喧嘩したりします。怒ったり、褒めたり、なだめたりと忙しくて、大変だな〜と思った事もあります。とにかくエネルギーの消費は半端ないと思います。

また、お金の面も、子供の人数分かかります。子供一人でも大学を卒業するまでの必要なお金は平均で2500万円です。2人なら倍、3人なら3倍かかってきます。

子育て費用は一体どれぐらいかかる?
子供が一人前になるまでは親が子供を立派に育て上げなければなりません。しかし、子供が巣立って行くまでの子育て費用は想像以上に必要です。大切な子供の為に、あらゆる可能性を与えてあげる為にも、計画的に貯蓄して行く必要があります。

上記の意味合いで言うと、一人っ子であれば、愛情も何かをするエネルギーもお金も一人に集中して注げることが出来るのは大きなメリットであると思います。

スポンサーリンク



子供一人のデメリットはあるのか?

一人っ子は可哀想って言われたりします。例えば家で、親が家事や用事、仕事に追われた時に一人になってしまいます。親には言えない、悩みが出来た時も、抱え込んでしまう時もあります。

確かに、僕も事務の仕事が溜まってしまって、家に帰ってからも事務仕事をする時があります。同じ部屋に一緒にいて、合間合間で会話をしますが、それでもやはり寂しい思いをさせてしまっていると思います。しかし、それ故に良いのか悪いのか一人遊びが上手です。

悩み事に関しても、僕は5歳離れた姉がいたので、よく相談に乗ってくれました。姉がいた事で助けられた事も沢山あります。それを知っているので、そう言う相手がいないと言うのは、息子にとっては、辛い時もあるんだろうなと思います。だからこそ、僕は父親であり、兄弟のようでもある存在でいたいと思っています。

また、よく言われるのが、一人っ子は競争心がないと言われますが、これは実際に僕の子供を見ていても思います。家では子供は自分が一人なので、常にマイペースで、競争心がなくとてもおっとりしています。それは兄弟がいてる子供とは違う事は自分の子供を見ていてもよくわかります。

終わりに・・・

資格云々を抜きにして、僕自身が父子家庭・シングルファザーとして子育てをしている中で、子供が一人っ子で寂しい思いをさせているのではないかなと、ふと悩んでしまう時もあります。

かと言って、子供の一人っ子はアカンのか?と言うとそれは全くアカン事は全くありませんが、たまに子供が、兄ちゃん欲しかったわ〜とか口にする時があるので、胸が痛くなります。

僕の子供は男の子一人で、現在8歳ですが、気が利くし、優しいし、我が子ながら、家庭の環境が何度も変わったり夫婦の争い(裁判)など見せてしまたり、本当に色々な事があった中で、ブレずにめちゃくちゃ良い子に育ってくれて自慢の息子です。

休みの日、一緒に遊ぶ時も男の遊びが出来るのでとても楽しむ事が出来ます。しかし、例えば遊園地に遊びに行ったりした時、一人っ子だと、どうしても一人になってしまう時があるのです。

年齢制限がある遊び場、例えば3歳から10歳までしか入場できません。と言うような場面の時、僕は入れない。(もし入れたら、子供と同じように楽しめる自信あり。)その遊びの時に、その場で楽しみや、気づきなどを共有する事が出来ない。

現に、周りには兄弟で楽しんでいる子供たちもいっぱいいてるので。(勿論、子供一人の子も沢山いてます。)そこに、兄弟がいてたら息子はもっと楽しいんだろうな〜とか、なんか色々言い合ったり、相談したり、協力しあったりして遊ぶんだろうな〜って思うと兄弟を作ってやりたかったな〜って思ってしまいます。

しかし、この問題に正解、不正解はありません。一人っ子のメリットやデメリットをご紹介いたしましたが、結局のところ、親の心配をよそに、一人っ子でも、兄弟姉妹がいても、幸せに立派に育ちます。重要なのは、一人であっても兄弟姉妹がいてても、全力で愛情を与えてあげると言うところに尽きるます。

★活動の支援をお願い申し上げます。★

コロナの影響でブログ運営やカウンセラー業務に影響が出ています。少しでも皆様のお力になれる様にさせていただくため、お買い物支援をしていただけてば幸いです。どうかよろしくお願い申し上げます。



【ブログ運営者】


シングルファザーのてっちゃんです。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーの資格保有で、子育ての事、シングルファザーならではのお悩みを解決できるようなブログを発信していきます。

男性雑誌のoceans web版 でシングルオトーチャンの生活白書連載コラムを執筆(2020年4月27日スタート)シングルオトーチャンの生活白書

健康や美容に関するブログは以下リンクで情報発信しています。NIRAIKANAI
SNSではリンパケアの背術写真などを載せていますので、よろしければ覗きに来てくださいね。
Instagram : @niraikanai_lymph

twitter : @Niraika43878728

詳しいプロフィールはこちち

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

 

子育て
スポンサーリンク
shinpapaをフォローする
シングルファザーてっちゃんの子育てお悩み解決ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました