ひとり親家庭がお役に立つ手続きや補助! 子供におすすめの習い事

近年、子供に増えている川崎病とは?

怪我/病気

シングルファザーでチャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーのてっちゃんです。資格を活かして、子育てやシングルパパの方の役に立つ情報を発信しています。今回は【近年、子供に増えている川崎病とは?。をお話いたします。

スポンサーリンク

川崎病とはどんな病気なのか

川崎病とは1967年に川崎富作という博士によって、世界で初めて発見された病気で、博士の名前をとって川崎病という名がつきました。本では年間あたり「1万人前後が発症」しており、主に4歳以下の乳幼児を中心に発症しています。日本国内に限らず、世界でも川崎病の発症が確認されています。特にアジア圏内での発症が多いという特徴があるようです。

川崎病の症状として、高熱が続くのが特徴です。高熱だけではほかの感染症と区別がつかないのですが、風邪やウイルスとは異なり、高熱が発症してから薬を投与したりしても熱が下がりません。また、次第に高熱以外の症状も出てきます。

川崎病の主な症状と危険性について

川崎病の主な症状

  • 5日以上続く高熱(38度以上)
  • 唇が赤くなったり、いちご舌がみられる
  • 全身に発疹がみられる
  • 両方の目が充血して赤くなる

川崎病の主な発症原因はまだはっきりとしていませんが、なにかの拍子でウイルスや細菌に感染したときや、環境物質による刺激などをきっかけにそれを防ごうとする免疫反応が起こった時に、全身にある中小の血管に炎症が生じて発症するのではないかと考えられています。しかし、これらはあくまで推測であり、残念ながら川崎病の主な原因というのは特定に至っていないのが現状です。

近年は医療機器や技術の進歩により、川崎病による深刻なケースというのは、昔と比べて減少傾向にあります。それでも川崎病は気をつけなければいけない病気の1つであり、川崎病を発症した際に最も厄介なのが合併症になります。

なかでも気を付けたいのが、心臓のまわりにある冠動脈という血管にコブが出来てしまうことです。冠動脈という部分にコブが出来てしまうと、心筋梗塞や狭心症を引き起こしてしまう危険性と、将来的に血管が狭まってしまうことが考えられます。特に大きなコブが出来てしまった場合、心筋梗塞のリスクが飛躍的に高まってしまうので、血液が固まらないようにする薬を飲み続けなければいけません。

川崎病にかかるのは80%以上が4歳児未満

川崎病にかかるのは80%以上が4歳児未満で、次いで0歳児から1歳児までの乳幼児が最も多いです。川崎病にかかると高熱が5日以上続くことに加えて、全身に発疹や唇の赤み、両目が充血するといった症状が表れます。ただし、全身の発疹や両目の充血といった症状がみられても、川崎病とは断定出来ないため、少しでも違和感を感じた際には、かかりつけの小児科を受診しましょう。

病院を受診して川崎病と診断されたら、致命的な心合併症をおこすことがあるため、早急に入院して治療を受けることになります。治療には、細菌やウイルスの感染を防ぐ点滴と抗炎症作用を持つアスピリンという薬を飲むことになります。入院して治療後、心臓や血管に後遺症がなく異常がなければ、通常数週間で退院することが出来ます。入院中に異常が見つかった場合は、退院後もの薬を飲み続けながら専門医による定期的なフォローが必要となります。

スポンサーリンク



川崎病にかかってしまった時

もし、子供が川崎病と診断されてしまった時に、自分の子供はこれからどうなってしまうのだろうと不安を抱き、子供の将来を心配されるでしょう。川崎病は急性期の症状が落ち着いたら、定期的に心臓のチェックを行う必要がありますが、退院後は至って普通の生活が出来るので、その点では安心出来ます。あくまで「冠動脈にコブや障害がない場合は過度の心配は不要」ということは知っておきましょう。

ただし、冠動脈にコブや障害が生じてしまった場合は、元気にしているからまったく問題ないとはいえない場合があります。川崎病の恐ろしい部分は心筋梗塞をおこすまで、無症状であることがほとんどなんです。ですから経過の観察、定期的な検査、症状に応じた薬の内服がきわめて大切です。心筋虚血がない場合は運動を制限する必要はありません。

川崎病による死亡率は非常に下がってきていますので、「いたずらに心配しないで、適切な対処により病気を克服」していきましょう。

川崎病の場合は症状にしても後遺症にしても個人差がある事が多いです。担当医から病状や気を付けるポイントについてよく聞いておきましょう。冠動脈障害がない場合は過度の心配は不要です。ただし、冠動脈障害がある時は、元気にしているからずっと大丈夫とはいえない場合があります。心筋梗塞や狭心症をおこすまで、無症状であることがほとんどだからです。よって、入退院後による経過の観察、定期的な検査、適切な薬の服用がきわめて大切です。

川崎病は1967年に発見された病気で、まだ比較的新しい病気であるといえます。よって、現状では川崎病の原因特定には至っていません。また、川崎病にかかってしまった患者の多くが、比較的若年層であり、川崎病特有の症状である冠動脈障害に加齢が加わると、どのような症状や経過になるかという点は不明確な部分があり、川崎病によって冠動脈障害が生じてしまった場合は注意が必要です。

【ブログ運営者】


シングルファザーでリンパケアメンズセラピストのてっちゃんです。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーの資格保有で、子育ての事、シングルファザーならではのお悩みを解決できるようなブログを発信していきます。詳しいプロフィール

健康や美容に関するブログは以下リンクで情報発信しています。NIRAIKANAI
SNSではリンパケアの背術写真などを載せていますので、よろしければ覗きに来てくださいね。
Instagram : @niraikanai_lymph
twitter : @Niraika43878728

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

 

怪我/病気
スポンサーリンク
shinpapaをフォローする
シングルファザーてっちゃんの子育てお悩み解決ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました