ひとり親家庭がお役に立つ手続きや補助! 子供におすすめの習い事

離婚の前兆に気付いた場合の対応策は?

離婚/裁判

シングルファザーでチャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーのてっちゃんです。資格を活かして、子育てやシングルパパの方の役に立つ情報を発信しています。今回は【離婚の前兆に気付いた場合の対応策は?】をお話いたします。

スポンサーリンク

離婚の前兆に気付いた場合の対応策は?

みなさんも、離婚の前兆に気付いた時があるかもしれません。このページでは、離婚の前兆に気付いた場合の対応策について詳しくご紹介していきます。

離婚の前兆・サインに気付いた場合の対応策は?

離婚の前兆・サインに気付いたケースになると、どんなような対応策があるでしょうか?

結婚生活を改善できないか冷静になって話し合いをする

一番よいのは、自分自身が不満・不安に思っていることをパートナーにお伝えし、パートナーとともに結婚生活の改善方法を考察することです。

そのタイミングで一番重要なのは、「冷静になって」ご自身の気持を伝えることです。たとえ相手に不満・不安があっても、関係改善を望むなら感情に任せてはいけません。誰しも強引に怒りをぶつけられたら、自己防御に走ります。「自分は悪くはない」、「自分の方こそたくさん不満があるんだ」と相手も怒りをぶつけてくるでしょう。

それを避けるために、是非とも気持ちを落ち着けて相手とじっくり相対してください。相談するなかで、初めてお互いの正直な気持に気付くこともあります。

そうなれば、あとは前向きに改善方法を考えていくだけ。今までの不満・不安に縛られず、未来志向で二人の関係を考慮しましょう。

離婚のメリット・デメリットを熟慮する

離婚のメリット・デメリットの検討をすることも大事です。

かりに現状の結婚生活に不平があるにしても、短絡的に離婚しては思わぬ不利益があるかもしれません。ひとつの例として自分自身が専業主婦の時、何も準備せずに離婚して離婚後の生活は成立しますか?堅い企業に勤めていれば、職場で離婚を後ろ向きに判別され、会社に居づらくなるかもしれません。

離婚は結婚よりもパワーを必要とします。苦労を重ねて離婚したのに、メリットよりもデメリットのほうがたくさんあればあとになって後悔するでしょう。事情によっては、メリットを享受するためにデメリットに見ぬ振りをするという選択もあります。

離婚の前兆・サインに気付いたら、離婚の良い点・悪い点をきちんと損得勘定したうえで、離別するのかしないのかを考えましょう。

弁護士に相談する

離婚の前兆・サインに気付き、夫婦間の話し合いも無理であれば、離婚を専門とする弁護士に相談しましょう。

「弁護士に相談するのは離婚を決めた後からないと」と感じる方もいるかもしれませんが、そんなことはないです。離婚の前兆・サインに気が付いた段階で、弁護士に相談し離婚のシミュレーションをするのは重要です。

さきほど「離婚のメリット・デメリットの検討する」という対策法をご説明しましたが、この部分を素人が考えようとしても、専門知識が足らず確実に検討できない場合がほとんどです。ネットや書籍で情報収集をすることは不可能ではありませんが、これらに関しましては一般論を述べているだけで、おのおののセンシティブな事案に当て嵌まらない場合もあります。

そういったところ、離婚問題を専門に取り扱う弁護士なら、個々人の事案に即した要点をとらえたアドバイスをしてくれます。

スポンサーリンク



離婚手続きを弁護士に頼んだ場合のメリットと必要とされる弁護士費用

離婚をするときには、自分達で話し合って協議離婚することが多いですが、夫婦が話しあっても意見の合致ができないこともよくあります。

まとめ 離婚の前兆・サインに気付いたらスピーディーに対応策を講じよう

これまで、離婚の前兆・サイン一覧、離婚の前兆・サインに気付いた場合の対応策などについてご紹介しました。

離婚の前兆・サインには「性格の不一致」や「価値観の不一致」などがありますが、自分たち夫婦の状態がこれらのものに当てはまるのか考えてみてください。

もし当てはまるのであれば、「結婚生活を改善できないか冷静になって話し合う」、「離婚の良い点・悪い点を熟慮する」、「弁護士に相談する」などの対応策を講じましょう。

そして対応策を講じるのは、離婚の前兆・サインに気がついてからなるべくスピーディーに行うのがベストです。無為に時間が過ぎると、その期間内に状態が悪化する恐れがあります。

弁護士は、離婚問題の専門家

弁護士は離婚問題の専門家です。離婚の前兆・サインに気づき、パートナーとの話し合いもできない状況の中であれば、できるなら早く弁護士に相談し離婚の良い点・悪い点を検討しましょう。きちんと離婚のメリット・デメリットを理解したうえで、相手ともう一度やり直すのか、それとも離婚するのか決定するのです。

どうしても離婚したくない場合には、「円満調停」という法的手続きもあります。これについては夫婦の関係を元の円満な関係に戻すために裁判所で話し合いをする手続きで、弁護士はより円満な解決に向けてアドバイスが可能です。

また、やはり離婚が避けられないケースでは、弁護士は離婚の手続き方法や離婚で相手に主張すべき事柄についてもアドバイスできます。

離婚問題で困惑していらっしゃる場合には、ぜひとも一度弁護士に依頼してみましょう!

▼下記の記事もオススメです

離婚をめぐって大きな問題になる親権とは何?
離婚で問題になってくるのは財産などがありますが、一番大きな問題は子供の親権ではないでしょうか。今回は子供の親権についてお話ししたいと思います。
子供の親権、どちらも譲れない場合どうする?
夫婦の愛情は冷めても子供への愛情は冷めることはありません。どうしても夫婦間で共に歩んでいくことが出来ない場合は離婚をしなければなりません。その際に、お子さんがいる家庭で問題になってくるのは親権の問題です。どちらも子供を譲りたくないといった場合はどうすれば良いのでしょうか。
離婚準備の手続きに必要なモノと書類まとめ。
急に離婚となった場合、離婚するにはどうしたら良いのだろう?とパニックになったりするかもしれません。事前に把握しておく事で手続きが円滑に進めることが出来ます。
夫婦間で離婚の合意が出来ない場合は離婚調停
離婚したくても離婚が出来ない。夫婦間で協議しても離婚が出来ない場合は離婚調停を利用する事も考えましょう。離婚調停をした経験も踏まえて離婚調停の流れをご紹介いたします。
離婚裁判になった時は心して挑め!
離婚裁判は離婚調停と同じように考えて行けません。この離婚裁判が始まってしまえば、もし貴方が離婚したくないと思っていても、裁判官が離婚を認める判決を言い渡されれば、強制的に離婚になってしまいます。そして大切な、子供の親権、財産等の事も強制的に決められてしまいます。大切なモノを守るために、全力で挑んで欲しいと思います。
養育費はいくら支払う?非監護者が支払う養育費の相場!
未成年の子供がいる夫婦が離婚した場合、親権者ではない親は、養育費を支払う義務があります。養育費を支払う側も、養育費を受け取る側も、しっかりと理解して、大切な子供と育てるあなた自身も、負担が増える事のないようにしていただきたいと思います。養育費を支払う方も、養育費は支払う義務があるので、子供のために必ず支払いましょう。
父親が親権を得るには!?親権争いは根底から父親が不利!
日本の親権争いは、父親が不利で母親が有利と言われています。日本は先進国ですが、子育て等の事になると、他の国よりかなり遅れています。父親が親権を取る為に少しでも有利なるポイントをご紹介いたします。
子供が配偶者に連れ去られたら、子の引き渡し審判
離婚を考えている夫婦間で起る事の一つとして、子供の連れ去りがあります。正当な理由なき子供の連れ去りは、親であっても違法行為となります。子供を連れ去られた親も、自力救済する事は法的にNGとなっているので、子供を連れ戻すには法的な手続きを行いましょう。
別居または離婚後の子供との面会交流の実施について
別居また離婚後の面会交流は、暴力等の重大な問題がない限り、積極的に実施しなければなりません。これは権利でもありますので、私的感情に流されず、子供の福祉のためにも、面会交流を積極的に行ってください。
子供の福祉について考える!
子供の福祉については、一口では言えないぐらい難しい定義です。子供にとって子供の福祉はとても重要なものであります。子供にとって最善の環境を考えて欲しいと思います。
父親が親権争い!過酷な道を進む覚悟が必要!【体験談 Part1】
父親が親権争いをする時、まずは不利な状況前提で争うことになります。 調停期日、一つ一つが大事な真剣勝負になってきます。負けられない争いに挑んだ僕の実話の心境をお伝えいたします。
★活動の支援をお願い申し上げます。★

コロナの影響でブログ運営やカウンセラー業務に影響が出ています。少しでも皆様のお力になれる様にさせていただくため、お買い物支援をしていただけてば幸いです。どうかよろしくお願い申し上げます。



【ブログ運営者】


シングルファザーのてっちゃんです。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーの資格保有で、子育ての事、シングルファザーならではのお悩みを解決できるようなブログを発信していきます。

男性雑誌のoceans web版 でシングルオトーチャンの生活白書連載コラムを執筆(2020年4月27日スタート)シングルオトーチャンの生活白書

健康や美容に関するブログは以下リンクで情報発信しています。NIRAIKANAI
SNSではリンパケアの背術写真などを載せていますので、よろしければ覗きに来てくださいね。
Instagram : @niraikanai_lymph

twitter : @Niraika43878728

詳しいプロフィールはこちち

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

 

離婚/裁判
スポンサーリンク
shinpapaをフォローする
シングルファザーてっちゃんの子育てお悩み解決ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました