ひとり親家庭がお役に立つ手続きや補助! 子供におすすめの習い事

離婚は親の自由!だけど子供の事は疎かにしないで!

離婚/裁判

シングルファザーでチャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーのてっちゃんです。資格を活かして、子育てやシングルパパの方の役に立つ情報を発信しています。今回は【離婚は親の自由!だけど子供の事は疎かにしないで!】をお話いたします。

スポンサーリンク

離婚は親の自由!だけど子供の事は疎かにしないで!

子供がいないなら、自由で良いと思いますが、子供がいてるなら、親の勝手だけで、「はいっ離婚」って事にはしないでください。子供の事もちゃんと考えた上で『決断』これだけは本当に、疎かにしないで欲しいと思います。※例外あります(DV、育児放棄、犯罪行為など)

子供にとって、両親(父親、母親)は一人ずつしかいてないんです。親は、自分の勝手で自由に、「はい、さよなら」って出来ますけども、子供は、大好きな父親、母親、家族との幸せな空間を一気に潰されてしまいます。

「はい、さよなら」ではなく、子供の事をどうするのか、住まいは、どうしていくのか、面会交流はどうするのか、養育費はどうするのか、他にも様々な事を決めて行かなければなりません。

それらを決めないで、離婚してしまうと、結局全てが負担にかかってくるのは子供になります。もちろん、親権者となる方も大変な苦労をする事になってきますが、それは離婚時にちゃんと決めなかった原因と結果であるため、仕方がない事です。

ですが、その事によって、子供に全ての負担がのしかかってくる事だけは避けてあげてください。離婚を反対する話ではありませんが、離婚するなら離婚をするで、子供の事を最優先に考えた上で、離婚をして欲しいと思います。

もちろん子供にとっては離婚しない事に越したことはありません。ですが、夫婦間の事で離婚せざるを得ない場合もあるでしょうから、ただただ、親のすぐに一刻も早く離れたいが為に、子供の事をちゃんと決めずに離婚するという、子供に対して無責任な事はやめて欲しいと願うだけです。

離婚をめぐって大きな問題になる親権とは何?
離婚で問題になってくるのは財産などがありますが、一番大きな問題は子供の親権ではないでしょうか。今回は子供の親権についてお話ししたいと思います。

この時代、簡単に結婚も離婚もできるようになってしまった!

昔に比べて、結婚も離婚も簡単にできてしまう時代。そんな風にとら得られても仕方がないぐらいに、結婚したと思ったら、いつの間にか離婚していた。といった事をよく耳にするようになりました。

僕の周りでも、結婚おめでとう〜って少し前に言っていたのに、ある日突然、「離婚した〜」って言われて「え〜〜〜」ってなる事もしばしばです。

あれだけ愛し合って家族の反対も押し切って、結ばれたのに、いとも簡単に離婚という結果を聞くと、とても寂しい気持ちになります。

僕の仲の良い同級生は7人いてるのですが、実はその中でバツが付いていないのは1人だけです。7人中、6人が離婚しています。(再婚はその内の3名、残り3名はシングルです。)

スポンサーリンク



結局は人と人。理解しあい、支え合う事が大切。

僕も離婚経験者であるため、人の事をあまり言えた者ではありませんが、もっと上手く出来なかったのかな?って思ってしまいます。

結婚は他人同士が結ばれる者、生活環境、何から何まで育ってきた環境が違う者が結ばれるので、価値観の違いであったり、常識が少し違っていたりというのは当然の事であります。

しかしながら、家族、友達、恋人、夫婦、どのような関係であっても、人対人の付き合いの中で、お互いに理解しあって、支え合い、協力しあい、相乗効果を作れる関係であるべきだと思います。

もちろん、全てが相手の事を理解する事は出来ないですし、ぶつかりあう事もあると思います。ぶつかりあう事も必要な事だと思いますが、その時に、互いに互いの意見を理解しようとする気持ちも大切ですし、互いの思いも大切にしてあげないといけないと思います。

そこから、ではどうすれば、お互いに納得できる部分を作れるか?という事を考えていく事が、どんな関係にも必要な事ではないのかなと思います。

子育ての時の子供との向き合い方でも同じです。親が、子供扱いしすぎてしまうと、子供とのコミュニケーションにズレが出てきてしまいます。どれだけ小さくても、一人の人間として、子供が言うてる事だからと、疎かにしないで、ちゃんと受け止めてあげると、子供の自尊心はちゃんと育みます。

子供扱いではなく一人の人として向き合う事が大切!
子育ての中で、アナtは子供に対して、一人の「人」として向き合えていますか、幼くても子供は、一人の人間です。数年間生きてきた経験と知識を最大限に使って生きています。そして、その知識と経験を使って行動をしています。その行動は親であるアナタに一番認めてもらいたいのです。

人は、一人では生きていけないものです。多かれ少なかれ、超苦節的にも間接的にも、人を支え、人に支えられ生きて生きます。それは決して切ろうと思っても切れるわけではありません。

人と人との関わりがある中で、生きて行かなければならないのならば、お互いに高め合える存在である方が、絶対に良いと思います。独りよがりの行動や判断にならず、一息、相手の事を思いやる、子供の事に関して、思いっきり考える!事で、今より少し柔らかい考え方が出来流のではないかなと思います。

それでも、どうしても夫婦でいられなくなる時はやってきたりしますが、その時は、再三言ってますが、子供の事を疎かにしないで、子供の事をちゃんと考えてから決断して欲しいと思います。大切な子供の為に!

【ブログ運営者】


シングルファザーのてっちゃんです。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーの資格保有で、子育ての事、シングルファザーならではのお悩みを解決できるようなブログを発信していきます。

男性雑誌のoceans web版 でシングルオトーチャンの生活白書連載コラムを執筆(2020年4月27日スタート)シングルオトーチャンの生活白書

健康や美容に関するブログは以下リンクで情報発信しています。NIRAIKANAI
SNSではリンパケアの背術写真などを載せていますので、よろしければ覗きに来てくださいね。
Instagram : @niraikanai_lymph

twitter : @Niraika43878728

詳しいプロフィールはこちち

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

 

離婚/裁判
スポンサーリンク
shinpapaをフォローする
シングルファザーてっちゃんの子育てお悩み解決ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました