ひとり親家庭がお役に立つ手続きや補助! 子供におすすめの習い事

発達障害(ADHD)の特性を持つ子どもたちの特徴!

子育て

シングルファザーでチャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーのてっちゃんです。資格を活かして、子育てやシングルパパの方の役に立つ情報を発信しています。今回は【発達障害(ADHD)の特性を持つ子どもたちの特徴!】をお話いたします。

スポンサーリンク

■発達障害とは

発達障害には主に2通りのタイプがあります。

アスペルガー症候群とADHDの2つのタイプが存在しており、前者は比較的日本国内でも認知されていますが、後者はまだ十分に理解されているとはいえません。

国内では注意欠陥多動性障害と呼ばれており、ADHDの特性を持つ子どもたちは、ほかの子どもたちに比べて落ち着きがありません。

注意散漫な状態が多く、保護者や先生の言葉を聞き逃すことも頻繁にあり、忘れ物やケアレスミスが目立ちます。

さらに授業中や食事中など、椅子に座っていないとダメなときでも、ADHDの子どもたちは退屈を覚え、無意識的に立ち上がったり、周囲の人に喋りかけたり、悪戯をしがちです。

衝動性が一般的な児童よりもひと際強く、大人が注意しても危険な遊びをやめなかったり、テレビゲームやスマホアプリに長時間熱中してしまったり、感情を抑制できず友達と喧嘩することや時には暴言や暴力によるトラブルも起こしやすいです。

ごく普通の幼児から小学生もまた落ち着きがなく、親の言いつけを聞かないことがありますが、ADHDの子どもたちは多動性と注意散漫、そして衝動性が抑制できない点、この3つの症状が、親の躾や本人の努力とは関係なく、常日頃から出てしまっているのが特徴です。

■欧米諸国と日本国内では「ADHD」への見方が異なる

国内ではADHDを含む発達障害は、よくないハンディキャップとしてネガティブに解釈されています。

一方で欧米諸国において、ADHDの特性を持つ子どもたちは、いわゆる天才型の子どもだと解釈されています。

発達障害を持つ子どもたちは国や地域にかかわらず社会の中に一定数います。

特に欧米諸国では発達障害全般の研究や診察が進んでいたこともあり、保護者や教師が前向きにその特性を受け入れています。

スポンサーリンク



■苦手なことが多い反面、一芸に優れたADHDの子どもたち

ADHDの子どもは、その症状から日本の学校では特に問題児のレッテルを貼られやすいです。

授業中に立ち歩いたり、注意されてもお喋りや悪戯をやめなかったりと、確かに教師の視点からはただの問題児に映りやすいです。

注意散漫な特性ゆえに学校の成績はよくない場合が多く、保護者の方も手を焼きやすいのが実情です。

ただ欧米諸国ではその苦手な面を優しく受け入れ、むしろ得意分野を伸ばす、といったコーチングが実践されています。

発達障害は欠点が多い反面、それを補うために別のスキルや特技が強化されやすいです。

事実、ADHDの子どもは学校の試験や集団生活は苦手な反面、スポーツが大得意であったり、自分の好きな趣味のことになると大人顔負けの知識を学んだり、芸術の分野で優れた実績をあげるなど、親や教師が特性を理解して正しくコーチングすれば、将来有望な天才児となり得ます。

■自分の子どもがADHDと診断されたら

もし自分の子どもがADHDと診断されたらどうしますか?

自分の子どもは障がい児なのかとショックを受ける方も多くいらっしゃいます。

しかし、ADHDは20人に1人はいるといわれていますので、悲観する必要はありませんし、上項でも記載しておりますように、欧米諸国のように保護者や教師、周りの大人達が前向きに特性を受け入れサポートしてあげる事で発達障害と言う壁を乗り越えて行くことが出来ると思います。

なので、まずはしっかりとお子さんと向き合ってサポートしてあげましょう。

お子さんへの接し方ですが、あまり無闇に叱らないようにしましょう。あまり無闇に叱ってしまうと、お子さんの自己否定感が強くなってしまうので気をつけてください。

▼強迫性障害についてはこちらもご覧ください。

強迫性障害の原因と症状、改善方法は!?
強迫性障害とは、頭の中で不快や不安なイメージが繰り返し繰り返し浮かんできたり、同じ行動を何度もくり返ししてしまうの病気です。 強迫性障害の原因は?また症状や治療法についてもご紹介いたします。

▼チック症の症状、原因と対策についてはこちらもご覧ください。

子供のその癖はチック症かも!?チック症の症状、原因と対策
普段、何気ない動作のフトした癖が実は、チック症なんて事もあります。 チック症はどの様な症状が出て、どの様なことが起こり得るのかをご紹介いたしますので、是非一読してみてください。
【ブログ運営者】


シングルファザーのてっちゃんです。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーの資格保有で、子育ての事、シングルファザーならではのお悩みを解決できるようなブログを発信していきます。

男性雑誌のoceans web版 でシングルオトーチャンの生活白書連載コラムを執筆(2020年4月27日スタート)シングルオトーチャンの生活白書

健康や美容に関するブログは以下リンクで情報発信しています。NIRAIKANAI
SNSではリンパケアの背術写真などを載せていますので、よろしければ覗きに来てくださいね。
Instagram : @niraikanai_lymph

twitter : @Niraika43878728

詳しいプロフィールはこちち

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

 

子育て
スポンサーリンク
shinpapaをフォローする
シングルファザーてっちゃんの子育てお悩み解決ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました