ひとり親家庭がお役に立つ手続きや補助! 子供におすすめの習い事

シングルファザーの授業参観(学校行事)の参加で思った事

子育て

シングルファザーでチャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーのてっちゃんです。資格を活かして、子育てやシングルパパの方の役に立つ情報を発信しています。今回は【シングルファザーの授業参観(学校行事)の参加で思った事】をお話いたします。

スポンサーリンク

シングルファザーの授業参観は気まずい?

シングルファザーになり授業参観も数回行ってますが、結論から言いますと、気まずくもなんともないです。もしかすると僕が周りの目を何とも気にしていないからかもしれませんが、両親揃っている家庭でも、父親だけが来ている所も僕の小学校では多いので、特に問題はありません。

一昔前であれば、父親だけ参観に来ていたら、保護者からの目はもっと冷たかったかもしれません。そう言う意味では、今ではシングルファザーも認知されてきているので行きやすいと思います。また、学校の先生ともお話しても、先生方も、もう慣れているのか、シングルファザーであっても全然普通なので問題ありません。

ただ、やはり噂好きと言うか、おしゃべり好きと言うか・・・なんか色々言いたい人ってどこにでもいてると思いますが、そう言う方は、根掘り葉掘り聞いてきては、あっちゃこっちゃに言い回しているお喋りさんはいてます。笑。

行事に参加しているとママ友がいっぱい出来ました。笑。

参観も含め、学校の行事を祖父母に任せず自分で行ってると、自ずとママ友が増えます。笑。息子の仲良い友達のお母さんとまず、仲良くなり〜の、そのお母さんの友達と仲良くなり〜ので、輪がドンドン広がって行き、休日もママ友家族で遊びに行ったり、旅行など行ったり出来るようになりますので、シングルファザーの皆さん、これからシングルファザーになる方は、積極的に自分から学校行事に参加した方が良いです。

ママ友が出来ると、メリットが沢山あります。子供が連絡帳を書き忘れてきた時に、ママ友に聞くことが出来る。学校内外の情報が自然と集まってくる。何か悩み事が出来た時、相談が出来る。僕が仕事の時にでも、遊びに連れて行ってくれる。などなどメリットが沢山。

でも、一つデメリットがあるとすれば・・・ママ友グループがあることです。(派閥)僕の周りは皆んな仲良いのですが、別の学年では、ママ友グループで争っているところがあります。そして、争い内容も結構エグいので、その学年ではなくてよかった〜って心底ホッとしています。(夜中の3時まで電話で口喧嘩とかしているらしいです。恐。)

スポンサーリンク



授業参観はやっぱり親が見てあげる事が大事!

両親が揃っているご家庭でも、お仕事が忙しかったり、片親だと特にですが、平日の参観や学校行事は祖父母にお願いしたりする事もあるかと思いますが・・・ここはやはり無理してでも、親が行くべきだと思います。もちろん、やむを得ない事情はあるのは承知ですが・・・でもやっぱり子供は、親に見てもらいたいのです。

僕は自営業なので前もって予定がわかっていれば、空ける事は可能です。学校行事も年間予定で前もってプリントで教えてくれているはずなので、会社勤めの方も、何とか有給等を使って行事に参加していただきたいなと思います。

僕自身、学校行事に積極的に参加をしていて、ご両親が来ずに祖父母が参加されているお子さんを見ていると、少しくらい顔をしている子が多く見受けられますし、お子さん本人もお母ちゃんに見てもらいたいって寂しげに言っているのを聞いたりもしました。

中学生ぐらいになると少し変わってくるのですが、幼保や小学生のお子さんは、やはり親に見てもらいたい、褒めてもらいたい、認めてもらいたい、と言う思いが強く、「よく頑張ったね」の一言だけでも、自尊心が芽生えます。

子供の自尊心を傷つけない為にも・・・

上項にも記載いたしましたが、子供は、自分は親から愛情をもらえている、親に見てもらえている、褒めてもらえている、認めてもらえると言う事を認識する事で、自尊心が芽生えます。もちろん、その他、周りの大人たち、身内や学校の先生などからも必要ですが、親からが一番の自信に繋がるのです。子供にとっては親の愛情が何よりの成長に繋がります。

それぐらい子供にとって影響の強い親の愛情ですから、一つ間違えると自尊心を傷つける事にも繋がります。その原因の一つが、親の学校行事の不参加であります。もちろん子供の自尊心を傷つける原因と言うのは様々ですし、お子様によっても自尊心を傷つける要因となるのは違ってきます。

しかしながら、一つの原因として、学校行事の不参加は子供にとっては傷つく一つの要因となっています。その理由としては、

・友達の親は参加しているのに、自分の親は不参加。
・親に自分が頑張っている所を見てもらえていない。
・友達から「何で親来てないん?」と聞かれストレスになる。
・他の子は行事終わりに、褒められているのに自分は褒めてもらえない。
・他の子は行事終わりに、親と手を繋いで帰っているのをみる。
などなど・・・

ご家庭では愛情が貰えていたとしても、こう言う事で孤独感を感じてしまい、自尊心に傷を負うことになってしまいます。なので、ご家庭の事情があるのは重々承知しておりますが、お子さんの為にも学校行事の参加は親が参加して欲しいと思います。

ちなみに自尊心とは・・・

自尊心(じそんしん)とは、心理学的には自己に対して一般化された肯定的な態度である[注 1]。英語のままセルフ・エスティームself-esteem)とも呼ばれる。

ここでは社会心理学における自己概念に関して、育み維持される自己評価や、あるいは「ありのままの自己を尊重し受け入れる」態度とする。

自尊心とは、他人からの評価ではなく、自分が自分をどう思うか、感じるかである[1]。つまり、一時的に快感を与える、知識、技術、財産、結婚、慈善行為や性的な征服、容姿から生まれるものではなく、言い換えれば、外に求めることでも、人に与える印象でもない[1]。競争でも比較でもなく、自尊心の重要な原因は自分とも他人とも戦っていない状態である[1]

その起源には、幼いころに大人から尊重され、価値を認められたか、励まされたかといったことがある[2]。しかし、最も重要な影響があるのは、自分自身で選択したということである[1]。言い換えれば、自分の可能性を実現したいという気持ちから、生き方を変えるということから自尊心が育まれていく[1]

自尊心は、自分が有能であるといういわゆる自信と、自分に価値があるという自尊の2つの要素から成り立っている[3]。研究者によれば、自尊心の欠如は、不安、憂鬱、恐れ、アルコールなどの乱用、成績不振、暴力や虐待、自殺などにかかわっている[3]

Wikipediaより抜粋

自尊心を芽生えさせる為には、親の言葉の使い方も注意が必要です。それはまた次回詳しくお話させていただきますが、「しつけ」などで使う言葉が結構関わっています。子供はわざと失敗したり、いけない事をしようとしているのではありません、子供は出来ないのです。そして良し悪しをわかっていません、その状態で、「何でこんな事をするの〜」って怒ったり、責めたりする「しつけ」をしていませんか?

例えば、私たち大人であっても、仕事でまだ理解していない事を、訳もわからず怒られたり、責められたりしたら自信もなくしたりすると思います。それと同じで、子供は出来ないのです。出来ない事を、繰り返し失敗することによって出来るようになって行くのです。その為に必要な事は、親が背中を押してあげる言葉です。「次は大丈夫だよ〜」「この前より良くなっているね〜」など、その言葉が子供の自尊心を大きく成長させる大きな力となるのです。

少し、話は逸脱しましたが、学校行事の参加は何より、家では見れない、子供の成長した姿が見れるので、とても楽しですし感極まります。僕はいつも「成長してる〜」って思い目に涙溜めながら、子供の姿を見ています。言うても、子供はいずれ巣立って行きます。

今しかないこの時期、子供が大きくなるまでの期限付きなので、存分に親をしていたい。いちいち成長に感動していたいです。嬉しい時も悲しい時も苦しい時も、イラつく時も子供と共に感じて行きたいと思います。

▼下記の記事もオススメです

子供の自尊心を傷つけない言葉!子供も大人も幸せになる言葉の使い方!
子育て中に言ってしまう言葉で子供の自尊心を傷つけているかもしれません。 子供は経験値の少ない真っ白な状態です。認めてあげて褒めてあげて自尊心を育んであげましょう。
子供の心を満たすのはモノではなくて親の愛情
子供が何を求めているのか?それは物でもなく好きな食べ物でもなく、親の愛情なのです。 子供の心を満たすのは、親の愛情それだけです。
【ブログ運営者】


シングルファザーでリンパケアメンズセラピストのてっちゃんです。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーの資格保有で、子育ての事、シングルファザーならではのお悩みを解決できるようなブログを発信していきます。詳しいプロフィール

健康や美容に関するブログは以下リンクで情報発信しています。NIRAIKANAI
SNSではリンパケアの背術写真などを載せていますので、よろしければ覗きに来てくださいね。
Instagram : @niraikanai_lymph
twitter : @Niraika43878728

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

 

子育て
スポンサーリンク
shinpapaをフォローする
シングルファザーてっちゃんの子育てお悩み解決ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました