ひとり親家庭がお役に立つ手続きや補助! 子供におすすめの習い事

育休取得推進で給付金を50%→80%に検討!少子化対策になるか?

手続き/補助

シングルファザーでチャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーのてっちゃんです。資格を活かして、子育てやシングルパパの方の役に立つ情報を発信しています。今回は【育休取得推進で給付金を50%→80%に検討!少子化対策になるか?】をお話いたします。

スポンサーリンク

育休取得推進で給付金を50%→80%に検討!少子化対策になるか?

政府は現在の育児給付金、育児休業開始から6ヶ月までは育児休業前の賃金の67%、6ヶ月以降の1歳(一定条件で最大2歳)までは、育児休業前の賃金の50%を、給付率を80%まで引き上げる方向で検討しています。

これにより、所得税や社会保険料等が免除される分を加味すれば、実質的に育児休業取得前の手取りと同等の月収金額が支給される様になる。

育児給付金を80%に引き上げる事で、男性の育児休暇取得率の向上も計り、現在問題となっている少子化対策を強化したい考えである。

政府の少子化社会対策大綱について
政府がが少子化対策について案を出したのでご紹介いたします。 子育てがしやすいより良い社会に一刻も早くなってほしいと思います。

給付金をあげる事が育児休暇取得を向上させ少子化対策に繋がるのか?

育児給付金を68%(50%)から80%に引き上げて、所得税や社会保険料の免除もあり、育児休業前の月収とほぼ同額が支払われる。その事により、育児休暇の取得率を向上させ少子化対策を計るとの事であるが、実際にはこれでは、少子化対策にはならないと思われている方がほとんど。

確かに、手取りの金額が育児休暇を取る前と取った後で変わらないのであれば、今までの事を考えれば、育児休暇を取得したいと考える事も増えてくると思います。(そもそも、減額されて支給されてるのがおかしな話ですが・・・)

それにより、夫婦で育児休暇を取得し、夫婦で支え合って子育てを行う事で、育児、家事の分担が出来て夫婦共に負担を減らせる事が出来るので、とても喜ばしい事です。

何より、子供とのコミュニケーションを夫婦共にたっぷりと行えるのはとても素晴らしい事であると思います。

しかし、これにはまだまだ問題点が沢山あります。男性が育児休暇取得に至らない理由はもっと他の問題があるからです。

現在の男性の育児休暇取得率は7%程です。その中で育児休暇を取得しない理由は・・・

①職場の人手不足=38.5%
②育児休暇を取得しにくい環境=33.7%
③自分にしか出来ない業務に従事ている=22.1%
④収入を減らしたくない=16.0%

上記の理由により、男性の育児休暇の取得は阻害されています。収入を理由に取得しないのは実際には4位であるため、80%に引き上げたからと言って、男性の育児休暇取得の向上を計るには、まだまだ問題がある事は明確であります。

今回のように、育児休暇取得した親の収入が増えるのもとても素晴らしい事ですが、育児休業を取る事で、企業がマイナスになる部分を補填する必要があると思います。

また、例え男性が育児休暇の取得が取りやすい環境が出来上がったとしても、意識の改革も行わないと行けません、とある調査の結果では、育児休暇取得している男性の32%は、育児休暇中に育児をしている時間は2時間未満と、育児休暇の質の低さが露呈しました。

男性育児休暇の質の低さが調査で明るみになった!
男性育児休暇取得の義務化が推進されている中で浮き彫りになってきている、育児休暇の質の低さ。社会や男性自身の意識改革をおこっていく事が重要になってきます。また、男性の育児休暇の質が高い家庭では夫婦幸せ満足度は高いとなっています。

僕のように個人事業主で生計を立てている方は、この育児給付金は支給されません。育児給付金だけではなく、出産手当金も受け取れないので、個人事業主の方は注意が必要です。

なぜ、個人事業主は上記2つのお金が支給されないか?という理由については、育児休業給付金と、出産手当金も社会保険(健康保険)・雇用保険から支給されているためです。

個人事業主の方は社会保険(健康保険)・雇用保険に加入していないので、育児休業給付金と、出産手当金が支払われないのです。

そして、少子化の歯止めになるのか?というと少し難しい話になってくると思います。子1人であれば、可能であるかもしれないですが、子供2人、3人となってくれば、それだけ子供を成人させる為には莫大な金額が必要となります。

基本的な賃金の底上げや、高校、大学の授業料の軽減等、子供が成人するまでの子一人当たりに必要なお金は、凡そ2500万円と言われています。その点の改善も同時に行なって行かなければ、本当の少子化対策には繋がっては来ないと思います。

子育て費用は一体どれぐらいかかる?
子供が一人前になるまでは親が子供を立派に育て上げなければなりません。しかし、子供が巣立って行くまでの子育て費用は想像以上に必要です。大切な子供の為に、あらゆる可能性を与えてあげる為にも、計画的に貯蓄して行く必要があります。

スポンサーリンク



男性の育児休暇取得に意識が向く事が増えるのも事実

問題点は山積みとはいえ、この育児給付金の引き上げが実施されれば、育児休暇取得前の月収とほぼ同額の金額を給付される事によって、男性の育児休暇取得に意識が向く事が増えるのも事実ではあります。

これまでは、67%(50%)でありましたし、その昔は育児給付金を取得出来なかった時代もありました。それを踏まえて考えると、今回の引き上げはとても素晴らしい第一歩になります。

過去の育児休業の取得者に給付金がなかったけど、夫が育児休業を取ってくれて、とても助かった。収入面では不安があったけど、夫婦の絆が深まった。あの時の支えが今の暖かい家族が形成されていいるという声もあります。

そう言った面では、今回は収入の面も不安は解消もされるので、安心して、夫婦で支え合って、励ましあって、喜び合って、子育てに向き合って欲しいと思います。

ただ、僕自身が個人的に思うことは、育児というものは女性だけの専業ではなく、親である男性も当たり前に育児というものに積極的でなければなりません。

男性の育児休暇は母親の負担軽減ではなく、育児は夫婦で行うものです。

関連記事

育児休暇は単なる休暇ではない!
世間では、まだまだ男性の育児休暇の理解が進んでいません。育児休暇を単なる休暇を思っている方が大多数いる事を知ったので、この記事を読んでいただき少しでも男性の育児休暇にご理解をいただければと思います。
男性育児休暇の質の低さが調査で明るみになった!
男性育児休暇取得の義務化が推進されている中で浮き彫りになってきている、育児休暇の質の低さ。社会や男性自身の意識改革をおこっていく事が重要になってきます。また、男性の育児休暇の質が高い家庭では夫婦幸せ満足度は高いとなっています。
【子育て法改正案】障害のある一人親、障害年金と児童扶養手当が併給
障害のある一人親、障害年金と児童扶養手当が併給出来るように法改正案を通常国会に提出するとの事です。
子育ては母親だけがするものではない父親も積極的な子育てを!
昨今ではイクメンと言う言葉も生まれて父親が育児に積極的に参加する事も多くなりましたが、まだまだ世間では理解が得れきれて居ません。子育ては母親だけではなく、父親も積極的に行なっていくべきです。
【ブログ運営者】


シングルファザーのてっちゃんです。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーの資格保有で、子育ての事、シングルファザーならではのお悩みを解決できるようなブログを発信していきます。

男性雑誌のoceans web版 でシングルオトーチャンの生活白書連載コラムを執筆(2020年4月27日スタート)シングルオトーチャンの生活白書

健康や美容に関するブログは以下リンクで情報発信しています。NIRAIKANAI
SNSではリンパケアの背術写真などを載せていますので、よろしければ覗きに来てくださいね。
Instagram : @niraikanai_lymph

twitter : @Niraika43878728

詳しいプロフィールはこちち

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

 

手続き/補助
スポンサーリンク
shinpapaをフォローする
シングルファザーてっちゃんの子育てお悩み解決ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました