ひとり親家庭がお役に立つ手続きや補助! 子供におすすめの習い事

児童虐待から守る為には?

子育て

シングルファザーでチャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーのてっちゃんです。資格を活かして、子育てやシングルパパの方の役に立つ情報を発信しています。今回は【児童虐待から守る為には?】をお話いたします。

スポンサーリンク

児童虐待とは?

児童虐待は以下のように4種類に分類されます。いずれにしても「しつけ」の範囲を超えた内容であり、子供の心身を傷つけ、健やかな成長・発達をそこなう行為です。

身体的虐待

暴力等により身体に傷を負わせたり、生命に危険を及ぼすような行為です。
殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、火傷を負わせる、溺れさせるなど

性的虐待

性的暴行や児童に対するわいせつな行為です。
性的行為の強要、性器や性交を見せる、わいせつな画像を撮影するなど

ネグレクト

心身の発達を損なうほどの不適切な養育や子どもへの安全への配慮がなされていない行為です。
家に閉じこめる、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、保護者以外の同居人による虐待を放置するなど

心理的虐待

子どもに心理的な傷を負わせる行為です。
言葉による脅し、無視、兄弟間差別的扱い、子どもの面前で配偶者やその他の家族などに暴力を振るうなど

例えば身近に上記のような状況の子供がいれば、ためらわずに通報しましょう。

児童相談所全国共通3桁ダイヤル 189(通話料は無料)

児童虐待から子供を守る為に出来ること

「児童虐待の防止等に関する法律」では、児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者は、速やかに児童相談所等に通告しなければならないとされています。

子供を児童虐待から守るために、児童虐待や虐待を疑わせるような状況に気づいたら児童相談所へ相談してみましょう。

子供の身なりや身体の様子をみて下記のような違和感がないか

  • 身体・顔に不自然なあざや打撲等のある子供がいる
  • 真冬なのに薄手の服装など、季節に合わない服を着ている子供がいる
  • 戸外に放り出されている子供がいる
  • 昼夜を問わず子供の泣き声や叫び声がよく聞こえる
  • 泣き声と大人の怒鳴り声が聞こえる

子供の表情や態度をみて、下記のような違和感がないか

  • 表情が乏しい。無表情である。笑わない。凍りついた凝視をしている。しかめ面をしている。
  • 態度がおどおどしている(過度な緊張)。
  • おびえた泣き方をする。
  • 反抗的、攻撃的、乱暴な行動や態度が目立つ。
  • 親がいなくなると、表情が晴れやかになる。

子供の言動を見て、下記のような違和感がないか

  • 子どもだけで食事をしているか、食事をきちんと取っていない。
  • 理由もなく、連絡もなく、学校を休んでいる。
  • 子どもたちだけで夜遅くまで外で遊んだり、徘徊したりしている。
  • 真冬、真夏あるいは夜間に何時間も外に出され、家に入れてもらえない。
  • 年齢不相応の性的な言葉や性的な行為が見られる。
  • 協調行動がとれず逸脱行為をとったりする。
  • 孤立している。又は、友達に無関心である。
  • 「死にたい」と何気なく口にしたり、自傷行為をしたりする。
  • 食事を作ってもらえないなど、養育を放棄されているような状況を口にする。
  • 何かと理由をつけて家に帰りたがらない。

スポンサーリンク



児童虐待は社会全体の課題

近年では少子化が進む一方で、子供の数が減少しているのにも関わらず、児童虐待の数は増加の一途をたどっています。児童相談所への児童虐待相談件数が増加傾向にあり、児童虐待は依然として早急に取り組むべき社会全体の課題となっています。特に子供の尊い命が奪われる痛ましい児童虐待事件は後を絶たず、ニュースで見る機会も少なくありません。増加傾向にある児童虐待を減少させるには、早急な児童福祉法の改正や児童虐待の発見や通告のシステムの見直しが必須です。

児童虐待というと、「身体的暴力」「ネグレクトと呼ばれる養育放棄」による死亡事例に注意が向くこと多いですが、生命に関わる状況に至らなくても児童虐待の影響は様々な形で子供の成長に影響を与えてしまうのです。

また、虐待により生まれたばかりの赤ちゃんが、2週間に1人命を落としています
その背景には望まない妊娠があります。「お金がないから」「望んだ妊娠ではないから」そんな苦悩を抱えて、誰にも相談出来ず孤立した女性が、生後間もないわが子を自ら殺してしまうのです。そんな信じがたい悲劇が、今この日本で起きています。

虐待を行った者は、実父母が多く、中でも実母が最も多いことが分かっています。多くの親は自分の子供に虐待を行っても、それを認めようとはしませんが、親を罰するのではなく、虐待する親も支援を必要としているという事実があります。
虐待をする特別な親がいるわけではありません。だれでも虐待者になり得てしまうんです。

子供を虐待をする親を「親のせいだ」と責めたり、「親が悪いから」と罰したり、一方的に批判しないようにするのはもちろんですが、重要なのは虐待をしてしまう親にも、援助が必要ということです。

少しでも児童虐待が減少するためには、社会全体で深刻な児童虐待についての周知や啓発と、早急な制度改正や関係機関の体制強化が必要です。

▼関連記事でよく読まれている記事はこちらです。

児童虐待から守る為には?
近年では少子化が進む一方で子供の数が減少しているのにも関わらず、児童虐待の数は増加の一途をたどっています。児童相談所への児童虐待相談件数が増加傾向にあり、児童虐待は依然として早急に取り組むべき社会全体の課題となっています。特に子供の尊い命が奪われる痛ましい児童虐待事件は後を絶たず、ニュースで見る機会も少なくありません。
【ブログ運営者】


シングルファザーのてっちゃんです。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーの資格保有で、子育ての事、シングルファザーならではのお悩みを解決できるようなブログを発信していきます。

男性雑誌のoceans web版 でシングルオトーチャンの生活白書連載コラムを執筆(2020年4月27日スタート)シングルオトーチャンの生活白書

健康や美容に関するブログは以下リンクで情報発信しています。NIRAIKANAI
SNSではリンパケアの背術写真などを載せていますので、よろしければ覗きに来てくださいね。
Instagram : @niraikanai_lymph

twitter : @Niraika43878728

詳しいプロフィールはこちち

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

 

子育て
スポンサーリンク
shinpapaをフォローする
シングルファザーてっちゃんの子育てお悩み解決ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました