ひとり親家庭がお役に立つ手続きや補助! 子供におすすめの習い事

子供の親権、どちらも譲れない場合どうする?

離婚/裁判

シングルファザーでチャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーのてっちゃんです。資格を活かして、子育てやシングルパパの方の役に立つ情報を発信しています。今回は【子供の親権、どちらも譲れない場合どうする?】をお話いたします。

スポンサーリンク

なかなか決まらない親権問題

子供を持つ夫婦が離婚に至る時、一般的に、母親が親権を持ち、成人するまで育成するのが公然の事実のように考えられています。

実際のところ、シングルファザーよりもシングルマザーの方が比較にならないほど多いです。

しかし、夫婦の両方ともに子供は絶対条件として手放したくないと思うケースもあるでしょう。

最近では昔に比べて、男性の家事や育児への関わり方の意識が上がっている傾向にあることもあって、母親と父親、いずれが子供と一緒にいるのにピッタリなのか、手間なく判断できない傾向が強く、やりとりがなかなかまとまらないケースも少なくありません。

離婚届けの親権者の欄はかなり重要

離婚届に夫婦の署名捺印さえあれば、離婚ができると思っているのならそれは違っています。

子供を持つ夫婦の時、離婚届にある子供の親権者を記す欄が空欄のままでは離婚届を受理してもらう事はできないんです。

子供の親権は放棄したくないけど、離婚したい思いが最優先されてとりあえず相手の名前で空欄を埋めて離婚届けを出す。といった事は止めましょう。

相手を親権者と一度くらいは認めたことになるのはもちろん、離婚後親権者のチェンジを行うには、家庭裁判所で「親権者変更調停」を行う義務が出てきます。

その場の感情だけで離婚に重点を置いても、挙句の果ては更に手間も時間も取られる結果になります。

両者ともに譲ることができない、子供の親権。そういった場合どうする?

子供の親権者が決定できない場合、前述したように離婚することもできません。

2人で話し合っていてもひとまずこじれてしまった話し合いでは両者とも譲ることはないでしょう。というのなら、一体全体どうやったら話し合いは先へ進むのか?

その答えは、家庭裁判所で離婚調停を行うということです。

正しく言えば「夫婦関係調整調停制度」といい、家庭裁判所に調停の申し立てをすることにより、やりとりの場を調停に移します。

調停では夫婦だけのやりとりから、調停員を介したやりとりへとなってきます子供の親権についてだけでなく、財産分与や養育費、慰謝料などに関しても相談することができます。

調停で親権を勝ち得るために把握しておきたい5つのポイント。

離婚後の子供のことを考えて、調停員は親権者をどっちにした方が良いのかを断定します。

当該の基本にある項目をピックアップしてみましょう。

親権を望む親が、健やかであること

親が健康でなければ、離婚後の生活において子供の秩序ある生活は望めませんですから、肉体面でも精神面でも健康であることが親権を求める親には求められます。

かなり問題のある性格のケースや、心理的に不安定な状況のケースだと親権者として水準に達していないと評価されることがあります。

スポンサーリンク



離婚後の経済事情

間違いなく、子供を育てながら、なおかつ生活を成立させていくことは、とてもお金のかかる事だと思います。

離婚後の仕事や収入の見込が立っていないと、親権を得るのは困難であると思い描く人もいます。

しかし現実的には、養育費や行政の支援制度の活用などで、一定の経済的安定を得ることが出来ますから、本人が低所得であったとしても、それが親権者選びにダイレクトに与える影響はいまひとつ大きくありません。

ただし何があろうとも、養育費は子供の養育に掛かるお金であり、行政の支援制度は補完的な役割です。はなからそれらの収入に頼りきり自分自身では働く意思がないような姿勢は、イメージが良いとは言えないでしょう。

養育費や使用できる制度を活用しながら、子供にとって状況が許す限り有益な生活を保障できるように自分自身でも尽力する意思を示すことが欠かせません。

子供を養育する時間があるのか。

どれだけ経済的に余裕があっても、親や家族の愛情なくして子どもの秩序ある成長は不可能です。

子供を養う経済力を作ることやその為の努力を行ないつつも、できる範囲で子供と一緒に過ごす時間をつくる努力ができるかどうかが要されるキーポイントです。

また、親権者となる親本人が子供と一緒にいることができない時に、代理として子供の面倒をみたり親子の生活を支援してくれる人がいることもアドバンテージとなるポイントとなることもあり得ます。

子供の年齢と子供の思い

一般的に見て認知されているとは思いますが、子供の年齢が小さければ小さいほど、母親が親権者になるには有利です。

15歳上の子供であれば、子供自身がどっちについていきたいか?を裁判所で意見を言う機会が設けられ、当該の意思が重要視される傾向が強いようです。15歳未満の場合、家庭裁判所調査官が子供の意思をチェックします。

子供への愛情

子供への愛情が多いと感じられる方が親権者に適していると解釈されることが多いようです。

とはいえ、親権を望んでいる2人です。どちらも子供への愛情は大きいはず。

調停で愛情をジャッジするバロメーターとして、子供と接している時間、子供と過ごしている時間が長い方が親権者として優勢になると思います。

▼下記の記事もオススメです

離婚準備の手続きに必要なモノと書類まとめ。
急に離婚となった場合、離婚するにはどうしたら良いのだろう?とパニックになったりするかもしれません。事前に把握しておく事で手続きが円滑に進めることが出来ます。
夫婦間で離婚の合意が出来ない場合は離婚調停
離婚したくても離婚が出来ない。夫婦間で協議しても離婚が出来ない場合は離婚調停を利用する事も考えましょう。離婚調停をした経験も踏まえて離婚調停の流れをご紹介いたします。
離婚裁判になった時は心して挑め!
離婚裁判は離婚調停と同じように考えて行けません。この離婚裁判が始まってしまえば、もし貴方が離婚したくないと思っていても、裁判官が離婚を認める判決を言い渡されれば、強制的に離婚になってしまいます。そして大切な、子供の親権、財産等の事も強制的に決められてしまいます。大切なモノを守るために、全力で挑んで欲しいと思います。
養育費はいくら支払う?非監護者が支払う養育費の相場!
未成年の子供がいる夫婦が離婚した場合、親権者ではない親は、養育費を支払う義務があります。養育費を支払う側も、養育費を受け取る側も、しっかりと理解して、大切な子供と育てるあなた自身も、負担が増える事のないようにしていただきたいと思います。養育費を支払う方も、養育費は支払う義務があるので、子供のために必ず支払いましょう。
父親が親権を得るには!?親権争いは根底から父親が不利!
日本の親権争いは、父親が不利で母親が有利と言われています。日本は先進国ですが、子育て等の事になると、他の国よりかなり遅れています。父親が親権を取る為に少しでも有利なるポイントをご紹介いたします。
子供が配偶者に連れ去られたら、子の引き渡し審判
離婚を考えている夫婦間で起る事の一つとして、子供の連れ去りがあります。正当な理由なき子供の連れ去りは、親であっても違法行為となります。子供を連れ去られた親も、自力救済する事は法的にNGとなっているので、子供を連れ戻すには法的な手続きを行いましょう。
別居または離婚後の子供との面会交流の実施について
別居また離婚後の面会交流は、暴力等の重大な問題がない限り、積極的に実施しなければなりません。これは権利でもありますので、私的感情に流されず、子供の福祉のためにも、面会交流を積極的に行ってください。
子供の福祉について考える!
子供の福祉については、一口では言えないぐらい難しい定義です。子供にとって子供の福祉はとても重要なものであります。子供にとって最善の環境を考えて欲しいと思います。
父親が親権争い!過酷な道を進む覚悟が必要!【体験談 Part1】
父親が親権争いをする時、まずは不利な状況前提で争うことになります。 調停期日、一つ一つが大事な真剣勝負になってきます。負けられない争いに挑んだ僕の実話の心境をお伝えいたします。
★活動の支援をお願い申し上げます。★

コロナの影響でブログ運営やカウンセラー業務に影響が出ています。少しでも皆様のお力になれる様にさせていただくため、お買い物支援をしていただけてば幸いです。どうかよろしくお願い申し上げます。



【ブログ運営者】


シングルファザーのてっちゃんです。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーの資格保有で、子育ての事、シングルファザーならではのお悩みを解決できるようなブログを発信していきます。

男性雑誌のoceans web版 でシングルオトーチャンの生活白書連載コラムを執筆(2020年4月27日スタート)シングルオトーチャンの生活白書

健康や美容に関するブログは以下リンクで情報発信しています。NIRAIKANAI
SNSではリンパケアの背術写真などを載せていますので、よろしければ覗きに来てくださいね。
Instagram : @niraikanai_lymph

twitter : @Niraika43878728

詳しいプロフィールはこちち

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

 

離婚/裁判
スポンサーリンク
shinpapaをフォローする
シングルファザーてっちゃんの子育てお悩み解決ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました