ひとり親家庭がお役に立つ手続きや補助! 子供におすすめの習い事

子育ての悩み解消!柔軟に子育てをしよう!

子育て

シングルファザーでチャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーのてっちゃんです。資格を活かして、子育てやシングルパパの方の役に立つ情報を発信しています。今回は【子育ての悩み解消!柔軟に子育てをしよう!】をお話いたします。

スポンサーリンク

子育ての悩み解消!柔軟に子育てをしよう!

子供ができたからと言ってすぐに一人前の親になれるわけではなく、子供とともに親も一人前へと成長していきます。

それだけに現在進行形で子育てをしている親御さんはみんな、大小の違いはあれば子育てに対して何らかの悩みを抱えています。

では一般的な子育て世帯はどういった悩みを抱え、それをどうやって解決しているのかを紹介していきましょう。

子育てをしているパパ・ママが悩んでいること

平成27年度の厚生労働白書では以下の事が子育ての悩みとして特に多いと紹介されています。

 ・出費がかさむ
 ・自由な時間が持てない
 ・身体の疲れが大きい
 ・気持ちに余裕を持って子供に接しられない
 ・仕事や家事が十分にできない

子育てにかかるお金は年々増加しており、1人当たり年間100万円以上かかると言われています。

また子供ができると必然的に子供中心の生活となり、自分一人の時間はもちろん夫婦二人の時間を持つことすら難しくなりますね。

子育ては24時間年中無休ですから、ストレスや疲れが溜まって気持ちに余裕が無くなってしまいます。

さらに子供中心の生活では仕事も家事も疎かになりがちで、仕事・家事・子育て全て完璧にこなそうとして全てが中途半端になっちゃったりするんですよね。

休日のお金の使い方を見直す

まずお金の問題ですが、子供の将来を考えると教育にかける費用をケチるのは得策じゃありません。

ですから休日のお金の使い方を見直すことで、子育てにかかる費用を世帯収入に見合ったものにしていきましょう。

ママ友など周囲の目を気にして、子供が小さい内から「SNS映え」する観光地へ旅行しがちですよね。

もちろん旅行することは子供にとってもプラスなんですが、周囲の目やSNS映えを気にしているようでは子供のためではなく親のために旅行に行っているも同然です。

子供が小さい内には、ママと一緒に料理をするとかパパと一緒に工作をするといったことの方が旅行よりも子供にとってはプラスになったりします。

「子供と一緒に楽しい時間を過ごす」ことが重要で、そのためにお金をかける必要は無いんですね。

たまにはパパやママを止めてみる

親だって人間ですから、ストレスが溜まって心に余裕が無くなると子供に優しく接することができなくなってしまいます。

ですからたまにはパパとママを止めて、1人の人間あるいは1組のカップルに戻って自由に行動できる時間を作ってみましょう。

夫婦どちらかの両親に子供の面倒を見てもらったり、託児所を利用するのも1つの方法ですね。

たとえ1~2時間でもパパやママといった肩書を外して自由な時間を過ごすことでリフレッシュでき、また優しいパパやママとして子供に接することができますよ。

夫婦の分担を見える化

子供は夫婦の宝ですから当然夫婦で子育てするわけですが、疲れていたり急に仕事の予定が入ったりすると、ついつい配偶者に子供を押し付けがちになっちゃいますよね。

そこで夫婦の役割分担を見える化して、それぞれ何をどれぐらいの頻度でやっているかを確認しましょう。

そうすることで「今週はママに頼りすぎたな」という支え合う気持ちになり、パパ・ママどちら一方だけストレスや疲れを溜め込むといったことが無くなりますよ。

ただし「今週はパパ何もしてないじゃん」といったようなダメ出しをすると口論となり、余計にストレスや疲れを溜めることになってしまうので気をつけてください。




時間を決めてスキンシップ

仕事や家事で忙しい時に子供に甘えられると、ついついぞんざいに扱ってしまいますよね。

しかし甘えたい時に甘えられないという些細なことでも子供の心は傷つきますから、子供が甘えたい時にはできるだけ甘えさせてあげましょう。

とは言え忙しい時に子供に甘えたいだけ甘えさせることはできませんから、時間を決めてスキンシップを取ってあげると良いんですね。

例えば「ママは今忙しいから10数える間だけ」などと言って、子供と一緒に数を数えながらいつもより少し強めにハグするといった具合です。

短い時間でもスキンシップを取ることで、パパやママの「愛している」という気持ちが子供に伝わりますよ。

もっとも身近な子育て経験者に頼る

もっとも身近な子育て経験者である自分たちの両親を頼ることも、子供を育てる上では重要です。

子供は少ならずパパ・ママに似てますから、パパ・ママを育てたジジ・ババは同じような悩みを経験して乗り越えてきています。

もちろん自分たちの両親のやり方が正解とは限りませんが、少なくとも何かしらのヒントになることは間違いありません。

なので子育てで悩んだ時には自分たちの両親に相談する、子育ての手が足りない時には両親を頼るようにしましょう。

「よそはよそ、うちはうち」

TVで「東大生の育て方」なんて特集が放送されていたりしますが、子育てに正解なんて無く、同じように育てても全く同じような人間になることは絶対にありません。

子供の頃に友達を羨ましがったら親に「よそはよそ、うちはうち」と言われましたが、子育てにはその精神が必要なんですね。

愛情を持って子供に接することが重要で、子供を愛し子供のためを思って行動することが子育てにおける唯一の正解ですよ。

【ブログ運営者】


シングルファザーのてっちゃんです。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラーの資格保有で、子育ての事、シングルファザーならではのお悩みを解決できるようなブログを発信していきます。

男性雑誌のoceans web版 でシングルオトーチャンの生活白書連載コラムを執筆(2020年4月27日スタート)シングルオトーチャンの生活白書

健康や美容に関するブログは以下リンクで情報発信しています。NIRAIKANAI
SNSではリンパケアの背術写真などを載せていますので、よろしければ覗きに来てくださいね。
Instagram : @niraikanai_lymph

twitter : @Niraika43878728

詳しいプロフィールはこちち

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

 

子育て
スポンサーリンク
shinpapaをフォローする
シングルファザーてっちゃんの子育てお悩み解決ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました