ひとり親家庭がお役に立つ手続きや補助! 子供におすすめの習い事

離婚/裁判

離婚/裁判

父親が親権争い!過酷な道を進む覚悟が必要!【体験談 Part1】

父親が親権争いをする時、まずは不利な状況前提で争うことになります。 調停期日、一つ一つが大事な真剣勝負になってきます。負けられない争いに挑んだ僕の実話の心境をお伝えいたします。
離婚/裁判

子供が配偶者に連れ去られたら、子の引き渡し審判

離婚を考えている夫婦間で起る事の一つとして、子供の連れ去りがあります。正当な理由なき子供の連れ去りは、親であっても違法行為となります。子供を連れ去られた親も、自力救済する事は法的にNGとなっているので、子供を連れ戻すには法的な手続きを行いましょう。
離婚/裁判

離婚裁判になった時は心して挑め!

離婚裁判は離婚調停と同じように考えて行けません。この離婚裁判が始まってしまえば、もし貴方が離婚したくないと思っていても、裁判官が離婚を認める判決を言い渡されれば、強制的に離婚になってしまいます。そして大切な、子供の親権、財産等の事も強制的に決められてしまいます。大切なモノを守るために、全力で挑んで欲しいと思います。
離婚/裁判

夫婦間で離婚の合意が出来ない場合は離婚調停

離婚したくても離婚が出来ない。夫婦間で協議しても離婚が出来ない場合は離婚調停を利用する事も考えましょう。離婚調停をした経験も踏まえて離婚調停の流れをご紹介いたします。
離婚/裁判

父親が親権を得るには!?親権争いは根底から父親が不利!

日本の親権争いは、父親が不利で母親が有利と言われています。日本は先進国ですが、子育て等の事になると、他の国よりかなり遅れています。父親が親権を取る為に少しでも有利なるポイントをご紹介いたします。
離婚/裁判

別居または離婚後の子供との面会交流の実施について

別居また離婚後の面会交流は、暴力等の重大な問題がない限り、積極的に実施しなければなりません。これは権利でもありますので、私的感情に流されず、子供の福祉のためにも、面会交流を積極的に行ってください。
離婚/裁判

子供の福祉について考える!

子供の福祉については、一口では言えないぐらい難しい定義です。子供にとって子供の福祉はとても重要なものであります。子供にとって最善の環境を考えて欲しいと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました